Marie Antoinette動画集 Part 1

Theater Bremenが、YouTubeにTheaterTVを開設しています。まずはMarie Antoinetteのプレイベント映像から。

Sabrina Weckerlin: Blind vom Licht(100万のキャンドル)

弱冠18歳で3 Musketiere(三銃士)のドイツ初演でConstanze役を得たSabrinaは、Elisabeth – Die Legende einer Heiligen(テューリンゲン地方の聖女Elisabethを題材にした作品)のタイトルロール、StuttgartのWickedでElphabaのAlternierendを演じ、今ドイツミュージカル界で最も注目される22歳。この若さで次々と大きな役をこなす彼女の将来が、非常に楽しみです。

Thomas Christ: Weil ich der Beste bin(私こそがふさわしい)

随分高い声だと思ったら、StuttgartのTanz der Vampireでは悪夢のシーンの男性ソロを担当した経験があるそう。2002年から2003年にかけて、EssenのElisabethでKardinalerzbischof Rauscher(ラウシャー大司教)として出演していたそうです。最近では北ドイツのLübeckでKuss der Spinnenfrau(蜘蛛女のキス)のValentinや、Les MiserablesのJean Valjeanを演じています。

Maike Switzer/Patrick Stanke: Das Gefühl(すべてはあなたに)

Antoinette役のRoberta ValentiniがStuttgartのWickedに出演中だったため、ウィーン版Elisabeth来日公演で、Graefin Esterhazy(エスターハージー伯爵夫人)役を演じたMaike Switzerが、Antoinetteのパートを歌っています。Patrick StankeはTitanicのドイツ初演でボイラー係Frederick Barrett、EssenのAIDAでRadamesを演じた後、Berlinの三銃士ドイツ初演にD’Artagnan(ダルタニアン)として出演しました。そのとき共演したSabrina Weckerlinと同様、実力派若手俳優として、Jekyll & Hyde、Jesus Christ Superstar等で主役を務めています。2008年にはTecklenburgのMOZART!でWolfgangを演じ、高い評価を受けています。

Maike Switzer: Gott sieht uns zu(神は愛して下さる)

実際にMaikeが舞台で演じるのは、東宝版では土居裕子さんが演じたAgnesです。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




11 − ten =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください