Rudolf出演者達のクリスマス

Kurier紙のクリスマス特集で、Rudolf出演者達のクリスマスの過ごし方が紹介されていました。

Rudolf役のDrew Sarichは、妻のAnn Mandrellaと双子の子供達とのクリスマスを楽しみにしています。もっともドイツ・Dortmund(ドルトムント)でEvitaに出演中のAnnは、26日にならないと帰宅しないそう。アメリカ人のDrewとフランス人のAnnは、毎年コインを投げて、Christkind(主にカトリックのドイツ語圏でクリスマスのシンボルとなっている、金髪巻き毛と羽根を持つ子供)とサンタクロースのどちらが来るかを決めているそうです。

Franz Josef役のClaus Damは、デンマーク出身。12月24日には、Ris à la mandeというアーモンドと米で出来たプディングが欠かせないそうです。この中に一つだけ隠されたアーモンドの粒を見つけた人は、もう一つプレゼントを貰えるそうです。

Stefanie役のWietske van Tongerenの出身地オランダでは、どのプレゼントを誰が貰うのかは、サイコロで決めるそうです。プレゼントの中身は、トイレットペーパー等の日用品だとか。

Mary役のLisa Antoniは、両親や友達とのクリスマスラリーを予定しています。Larisch役のCarin Filipcicのクリスマスには、勿論ツリーは欠かせないアイテムだそう。

Graf Taaffe役のUwe Krögerは、現在Frankfurt(フランクフルト)のElisabethに特別出演中。イブはFrankfurtで母親と姉、姪と過ごし、クリスマスはパートナーのChristopherと二人で過ごす予定だそう。心臓外科医のChristopherは夜勤があり、Uweもウィーンに戻るのは昼になるので、今年は自宅で料理はせず、ウィーンの高級レストランDO & COでのディナーを楽しむ予定だそうです。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




seven + 18 =

*