吸血鬼、空を飛ぶ

Wien(ウィーン)・Ronacher劇場で上演中の”Tanz der Vampire”に、新たにフライングが導入された模様です。Vereinigte Bühnen Wien(VBW、ウィーン劇場協会)のニュースによると、「ショーの最後に吸血鬼の長、Graf von Krolockが翼を広げ、観客の頭上7メートルの夜陰にかき消える」そうです。

“Tanz der Vampire”の公式Facebookには、既にこの新演出を見たファン達からの書き込みがありますが、どちらかというとキッチュで余分だという反応が多く見られます。また技術上の問題から、機能しなかった日もあるようです。また実際に飛行するのはGraf von Krolock自身ではなく、スタントマンだそうです。YouTubeにフライングのメイキングビデオが掲載されています。

“Making of” Vampirflug im Ronacher bei TANZ DER VAMPIRE in Wien

ところでVBW記事タイトルの下に、公演は2011年6月25日までと記載されています。これまで正式な日付の発表はなく、チケット購入サイトでは2011年6月24日までしか表示されていませんでした。現在のところ購入可能な最終公演は24日のままです。FacebookやMusicalclub掲示板等の書き込みによると、25日の公演は有名人等のゲスト向けで、今のところ一般開放はされていないようです。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




two × three =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください