NY版Rebeccaキャスト続報

2012年4月22日に初日を迎えるNY版Rebeccaのキャストが、playbill.com上で紹介されています。既に発表されている”I”(私)役のSierra Bogges(シエラ・ボーゲス)に加えて、Karen Mason(Mrs. Danvers)、Tam Mutu(Maxim de Winter)、James Barbour(Jack Favell)、John Dossett(Frank Crawley)、Donna English(Beatrice de Winter)、Nick Wyman(Giles)の出演がアナウンスされています。

Maxim de Winter役のTam Mutuは、Toronto(トロント)の”Chess”でAnatoly、London(ロンドン)の”Love Never Dies”でAlternate Phantomを演じています。ミュージカル以外にもThe National Theatre、The Royal Court、The Royal Shakespeare Company等で活躍しています。

監督はTony Award(トニー賞)受賞者のMichael Blakemore(Kiss Me, Kate; City of Angeles; Noises Off)及び”Rebecca”Wien(ウィーン)オリジナル版監督のFrancesca Zambello(The Little Mermaid)。トニー賞に複数回ノミネートされたGraciela Daniele(Ragtime)がステージングを担当します。美術デザインはPeter J. Davidson、衣装はJane Greenwood、照明はMark McCullough、音響はPeter Fitzgerald、特殊効果はGregory Meeh、映写はSven Ortel、そして音楽監督と監修はKevin Stitesとなっています。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




1 × four =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください