Das Phantom der Oper、再びHamburgへ

“Das Phantom der Oper”(オペラ座の怪人)がドイツ初演の地、Hamburg(ハンブルク)に帰ってきます。Stage Entertainmentによると、2013年12月から10ヶ月間限定でNeue Floraで上演するそうです。チケット販売は2013年2月25日に開始されます。現在上演中の”Tarzan”は2013年秋からはStuttgart(シュトゥットガルト)に移ります。

Phantom上演の為に建設されたNeue Floraは、付近住民の建設反対運動にあっていたため、1990年6月29日のドイツ初演初日には警察による厳重な警戒が行われたそうです。反対派はデモ行進し、初日ゲストにカラーボールや卵、腐った野菜を投げつけるという暴挙に出ましたが、”Das Phantom der Oper”は大成功を収め、2001年6月の千秋楽までに800万人が訪れることとなりました。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




one + 14 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください