Die Päpstin及びFriedrich – Mythos und Tragödie、2014年Fuldaで再演へ

Sabrina Weckerlin主演で2011年からドイツ・Fulda(フルダ)のSchlosstheaterで毎夏上演されている大人気作品”Die Päpstin”(女教皇)。2013年はFulda(6月22日~7月21日)、Hameln(ハーメルン、9月5日~15日)、München(ミュンヘン、9月21日~29日)での公演が決まっています。毎年新たな場面やキャストの参加によって進化し続けるこの作品、2013年公演には”Elisabeth”来日公演でLuigi Lucheni役を演じたBruno Grassiniが、Sabrina演じるJohannaの父親役で出演しています。初日の公演後には劇場ロビーでパーティーが開かれ、出演者と観客が一緒になって明け方近くまで開幕を祝ったそうです。地元紙Fuldaer Zeitungに初日の写真が掲載されています。ストーリーについてはDie Päpstin観劇記(2011年6月)をご覧下さい。

Die Päpstin

キャスト
Johanna: Sabrina Weckerlin
Johanna alternierend: Sophie Berner
Gerold: Mathias Edenborn
Anastasius: Lutz Standop
Mutter / Marioza, Cover Johanna: Anke Fiedler
Aeskulapius: Claus Dam
Vater: Bruno Grassini
Rabanus / Fulgentius, (Abendspielleitung): Dietmar Ziegler
Richild, Ensemble, Cover Mutter: Anna Müllerleile
Arsenius: Frank Bahrenberg
Arsenius alternierend: Andrea M. Pagani
Lothar / Thomas, Ensemble, Cover Rabanus / Fulgentius: Olaf Meyer
Sergius, Ensemble: Martin Rönnebeck

Super-Swing für Aeskulapius, Vater/Sergius, Arsenius, Gerold,
Rabanus/Fulgentius, Lothar/Thomas: Léon van Leeuwenberg
Ensemble / Cover Gerold, Cover Aeskulapius, Cover Vater/Sergius, Cover
Rabanus/Fulgentius, Cover Arsenius: Dennis Henschel
Ensemble / Cover Johanna, Cover Marioza: Tina Haas
Ensemble / Cover Anastasius, Cover Lothar/Thomas: Sascha Kurth
Ensemble: Lars Rindelaub
Ensemble, Rabe / Cover Richild: Tabea Grün
Ensemble, Rabe: Yasuko Kayamori
Ensemble: Konstantin Zander
Ensemble: Tamina Ciskowski
Ensemble: Evita Komp
Swing / Dance Captain, Cover Rabe: Linda Stark
Swing / Cover Mutter/Marioza, Cover Richild, Cover Rabe,
Dance Captain-Assistenz: Jenny Schlensker
Swing: Guido Breidenbach
Swing, Choreografie-Assistenz, (Abendspielleitung): Stephan R. Przywara
Extra-Ensemble: Katharina Brehl
Extra-Ensemble: Kristin Heil
Extra-Ensemble: Jörg Alt
Extra-Ensemble: Torsten Paul
Extra-Ensemble: Michael Eloy Wertmüller

日本人キャストのカヤモリヤスコさんが、大きな翼としなやかな動きが印象的なRabe(カラス)役で今回も出演されています。

“Die Päpstin”の人気は衰えを知らないようで、早くも2014年のFulda再演が決定したことをthatsMusical.deが伝えています。公演期間は2014年6月20日から7月13日です。

また2014年7月19日から8月3日までは、2012年にドイツ・Potsdam(ポツダム)で初演された”Friedrich – Mythos und Tragödie”(フリードリヒ – 神話と悲劇)が同じくSchlosstheater Fuldaで上演されます。キャストは未定です。

2013年公演に話を戻すと、Fuldaでは”Die Päpstin”に続き、2013年8月2日から11日まで”Kolpings Traum”が上演されます。この作品にもSabrina Weckerlinが出演します。また2013年8月15日から9月1日までドイツ・Wuppertal(ヴッパータール、Opernhaus Wuppertal)でも上演されることになっています。

Schlosstheater Fulda
Schloßstraße 5
36037 Fulda, Deutschland
Tel: +49 661 10214800661-1
http://www.schlosstheater-fulda.de/


大きな地図で見る

Booking.com

2 Comments

    • 再々演おめでとうございます&コメントありがとうございました! 初日の写真を見て去年のパーティーを懐かしく思い出しました。またの機会にお目にかかれることを楽しみにしています。

      お体に気をつけて、公演楽しんで下さい!

Leave a Reply

Your email address will not be published.




5 × 2 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください