Hamburg版 Das Phantom der Operキャスト決定

ドイツ・Hamburg(ハンブルク)で2013年11月28日に初日を迎える”Das Phantom der Oper“(オペラ座の怪人)のキャストが発表されました。Phantom役を演じるMathias Edenbornは、Wien版”Romeo und Julia”のBenvolio役。最近ではドイツ・Fulda(フルダ)の”Die Päpstin”やスイス・Zürich(チューリッヒ)の”Ich war noch niemals in New York”に出演していました。スウェーデン出身で、ミュージカル俳優になる前はサッカー選手だったという異色の経歴の持ち主です。Christine Daaé役のValerie Linkは、Stuttgart(シュトゥットガルト)の”Rebecca”でIch(私)のセカンドから後にファーストに昇格した実力派。Raoul役のNicky Wuchingerは、”Cats”ドイツツアーのRum Tum Tugger。ワイルドでセクシーな演技で客席を沸かせていました。

またWien(ウィーン)の”Elisabeth”でLuigi Lucheniを演じているKurosch Abbasiが、PhantomとRaoul役で出演するというサプライズも発表されました。FacebookのKurosch Abbasi Communityに、2013年9月以降の休演日が掲載されています。恐らく2014年1月末までは”Elisabeth”優先、その後”Das Phantom der Oper”に移るのでしょう。

メインキャスト3人が、London(ロンドン)のAndrew Lloyd Weberの私邸を訪問し、ピアノ伴奏で歌を披露する動画がStage Entertainmentの動画コレクションで公開されています。Valerieの歌声の素晴らしさにご注目下さい! ”Great, great!”と満足そうなLloyd Weber、”Denk an mich”(Think of me)の一部をValerieの声に合うように書き直すという凄い発言が飛び出しています。

チケットは2013年11月29日公演分から販売されています。当初12月15日が初日だと言われていましたが、早まったようです。

Booking.com

9 Comments

  1. spaさん、こんにちは。konです。
    私もちょうど昨日、Kurosch AbbasiのFacebookでElisabethの出演日を確認していてこのニュースを知りました。
    以前教えていただたSound of Musicで2012年度版のElisabethのCDを購入しました(お買い得で感動でした!)
    Kurosch Abbasiの歌声を初めてしっかり聴いたのですが魅力的な歌声でとても楽しみになりました。
    他の出演者の出演日も確認しましたが、自分のwien滞在中にMark以外のファーストキャストは(多分)見られそうです。
    出演日の情報は結構変わる事もあるとの事で安心はできないようですが…。
    OliverArnoさんのDer Todが観たいのですが、現状9月の情報だけしか書かれておらず更新を気にしています。

    こちらの過去記事を拝見していて、Elisabethバックステージツアーの記事を読みました。
    私も参加しようと思いvbwでチケットを購入しようと思っているのですが色々不明で困っています(汗)
    FÜHRUNG Raimund Theaterと書かれたものがバックステージツアーのチケットで大丈夫でしょうか?
    購入手続きを進めるとHinterlegung an der Abendkassaと出てきて翻訳にかけると「預金」と出るのですが窓口引取の事で良いでしょうか?
    また、引取方法がvbwボックスオフィスで引取(無料)、ボックスオフィスで引取(1.5€)、郵送の3通りありますが
    vbwボックスオフィスで引取が無料、ライムント劇場のボックスオフィスで引取が1.5€であっていますでしょうか?
    質問ばかりで大変恐縮で申し訳ないのですが、ご回答いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

    • konさん、Elisabeth観劇楽しみですね。Markに会えないのは残念ですが、他のキャストを是非楽しんで下さい。Der Tod、誰が出演するのかが気になります。またどうだったか教えて下さいね。

      Elisabethバックステージツアー、チケット購入時はFÜHRUNG Raimund Theaterを選択して下さい。試しにやってみたところ、初期設定ではHinterlegung VBW Tageskassaとなっていました。これを選択すればVBWの劇場窓口なら何処でも無料引き取り可です。3通りの引き取り方法が表示されたとのことですが、ドイツ語ではどう書かれていましたか? 最近開演直前の窓口でのチケットの引き取りに手数料がかかるようになったというのを何処かで目にしたのですが、ちょっとうろ覚えです。

  2. 早速のお返事、テストまでしていただきありがとうございます!お手を煩わせてしまい申し訳ありません。

    以前調べていた時は下記の2点と
    Hinterlegung VBW Tageskassa
    Hinterlegung an der Abendkassa
    郵送が出てきた記憶があったのですが、改めて調べると
    この2つでした。錯綜してしまい申し訳ありません。
    Hinterlegung VBW Tageskassaですが、
    VBW所有の劇場で引き換えと言う事なんですね!
    こちらを選べばよさそうですね。
    VBWのボックスオフィスと出てきたので劇場ではなく
    どこかにVBW専用のチケットセンターのようなものが
    あるのかな?と勘違いでした。
    Hinterlegung an der Abendkassaは、spaさんが書かれている
    開演直前の窓口引取の事?でしょうか。
    出てきた文章をそのまま翻訳にかけるので他にも
    勘違いしている事がありそうでハラハラですが(汗)
    どうにか日本で出来る準備は整いそうです。
    ありがとうございます!

    • konさん、詳細ありがとうございました。

      Hinterlegung VBW TageskassaはVBWの劇場窓口(Raimund Theater、Ronacher、Theater an der Wien)のいずれかでの引き取り、Hinterlegung an der Abendkassaは当日開演直前の窓口での引き取りになります。VBWが推奨している自分でチケットを印刷するprint@homeは、通常公演でしか提供されていないのが少々不便です。

      バックステージツアーの場合は昼間行われるので、夜の窓口を意味するHinterlegung an der Abendkassaは選択肢に現れないように思うのですが、如何でしょうか? 大分昔の話ですが、通常公演チケットの当日窓口引き取りを選択すると、窓口では予め印刷したチケットが顧客名順にファイリングされていましたが、少人数のバックステージツアーではそんな手間はかけないように思います。Hinterlegung VBW Tageskassaを選んで、ツアー開始時間までに窓口で発券してもらえばいいのではないでしょうか。

  3. spaさん、丁寧にお答えいただき誠にありがとうございます。

    VBWで引取で購入したいと思います!無料なのも良いですね。
    書いていただいているprint@homeが便利で手間も少なくよかったのですが通常の公演だけなんですね。
    一つ前のコメントに書きましたHinterlegung VBW TageskassaとHinterlegung an der Abendkassaはコメントをいただいてから、試しにログインして購入手続にすすみ引取方法選択での表示をそのままコピペしたので表示はされていたと思うのですが…よく理解できておらず申し訳ありません。

    Elisabethは3回観劇予定で、バックステージツアーの日は3回目の観劇日に参加します。助言いただいたお陰で旅の最後の良い思い出になりそうです。
    この度はお手数をおかけいたしました。ありがとうございます。

    • konさん、私はチケットをカートに入れるところまでしか試していないので、もしかするとログイン後に引取方法の選択肢が増えるのかもしれません。いずれにせよ、日中VBWの劇場窓口で引き取り可能なのであれば、Hinterlegung VBW Tageskassaを選択して下さい。

      Elisabethの舞台とバックステージ、楽しんで下さいね。作品を観てからツアー参加、その後再度観劇という完璧なスケジュール、素晴らしいです! ご感想お待ちしております。

  4. こんにちは。
    初めてメッセージさせていただきます。
    いつも興味深く読ませていただいております。
    私は現在ドイツに住んでおり、エリザベートのミュージカルが大好きです。
    先日まで行われていたウィーン公演にも数回行きました。
    ドイツ住んでいながらドイツ語が出来ないので、なかなか情報を得ることが出来ないのですが、ブログを読んで情報をいただき感謝しております。
    今は、ハンブルクで公演しているファントムを観に行きたいと考えているのですが、できればKurosch Abbasiがファントムのカバーをしている日を狙っていきたいと思っています。
    いろいろ調べてみたのですが、出演日が分かりません。
    調べる方法等、もしご存知でしたら教えていただけませんでしょうか!?
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • 初めまして。ドイツにお住まいなのですね。Elisabethファンなら、今年秋からのツアー公演が楽しみですね。是非足を運んで感想をお聞かせ下さい!

      Kurosch AbbasiはKurosch Abbasi CommunityというFacebookページを持っていて、最新情報はここに出ています。Elisabethの出演予定はこちらに出ていました。

      https://www.facebook.com/pages/Kurosch-Abbasi-Community/307953349233159

      ファントムの出演予定、私も気になったので今調べたところ、何と2013年12月23日付けで、別のプロジェクトに参加することになったために出演をキャンセルしたとの本人のメッセージがFacebookに出ていました! 本人にとっても予想外の展開だったそうですが、ウィーン以外の場所で、しかもミュージカル以外の仕事も入ったようです。新しい仕事についての詳細はまだ明らかになっていません。

      もしKuroschが出なくてもファントムをご覧になる予定であれば、本役のMathias Edenbornは自身のサイトで出演予定を発表しています。

      http://www.mathias-edenborn.de/

      Mathiasは通常全ての夜公演に出演することになっていますが、日曜は昼公演に出るそうです。また2014年2月17日から23日、4月7日から13日及び4月24日、25日は休暇予定となっています。

  5. 早速のお返事ありがとうございます。
    今年秋からのエリザベートのツアー公演とても楽しみにしています♪
    spaさんのブログでツアー公演情報を発見して、大興奮してしまいました。
    素敵な情報をありがとうございます。

    Kuroschの情報もありがとうございました。
    ファントムの出演はキャンセルになってしまったのですね。
    とても楽しみにしていたので、残念です。
    でも彼のこれからの活躍を楽しみにしています。

    今回はご丁寧なお返事を本当にありがとうございました。
    もやもやしていた物が、スッキリしました。
    感謝いたします。
    これからも、ブログを拝見させていただきます。
    ありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




four × 5 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください