Marika LichterがUwe Krögerを告訴

Uwe Krögerの元マネージャーMarika Lichterが、Uweを告訴しました。2009年10月20日付けのTV-MEDIAのMarika Lichter独占インタビューによると、Marikaの弁護士が、10月16日に訴訟を起こしたそうです。裁判の目的は、UweがMarikaとの契約期間を終了するまでに獲得した仕事を明らかにすることと、それに対するマネージメント報酬を得ることのようです。Marikaの話では、取り分があったとしても金額的には大したものではないと考えており、目的は金銭ではなく、契約上当然明らかにされるべき内容を知るための訴訟と位置づけているようです。

移籍問題の詳細については、Uweは相変わらず口を閉ざしているようですが、Marikaは近々テレビ出演をするようです。泥沼にならなければいいのですが。

Booking.com

2 Comments

  1. 告訴に出るとは!
    Uweも、抜け駆け的な移籍でしたからね・・・
    やはり踏むべき手順は、踏むべきでしたね。

  2. 何があったのかは分かりませんが、たった一通のメールで関係を終了するのは、やはり難しかったということでしょうか。

    表向きの理由は、Uweの移籍通告からMarikaとの契約終了までの期間の精算でしょうが、Marikaには移籍の理由を公の場で明らかにしたい意向もあるのかもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




5 + nine =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください