Michael Kunzeへのインタビュー at broadwayworld.com

2009年10月2日に行われたMichael Kunzeへの英語インタビューが、broadwayworld.comに掲載されています。同日にSierra Boggess (The Little Mermaid)、 Brent Barrett (Phantom – The Las Vegas Spectacular) 及びPia Douwes (Elisabeth)の参加の下、RebeccaのリーディングワークショップがLondon(ロンドン)で行われました。

インタビューの中では、幾つか興味深い話題が取り上げられています。RebeccaはカナダのToronto(トロント)でトライアウト公演後、Broadwayでの公演を目指しているとのことでしたが、Torontoの後、Londonで先行上演するプランが浮上してきているそうです。ただまだ決定ではないそうです。

またTanz der VampireのWest End上演の可能性については、今のところは残念ながらその予定はないそうです。話し合い自体は何度も行われているそうですが、大陸よりも米国からの影響を強く受けている英国での上演については、慎重を期しているようです。Kunze御大自身は、Broadway版の失敗は欧州版の評価を傷つけるものではないと考えているものの、Broadwayの二の舞になることを危惧している様子が伝わってきます。非常に信頼出来るプロデューサーが必要なのはもちろんのことですが、米国版とは全く違うものだと説明しても、同じ事が繰り返される心配を拭いきれないようです。

その他DramaMusicalsの定義について、音楽よりも物語を重視していることや、Jesus Christ Superstar等のAndrew Lloyd Webber作品との共通性を語る等、Kunze作品ファンにとっては面白い内容です。是非ご一読下さい!

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




8 − 4 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください