Wiener KammerspieleのCabaretにRuth Brauer-Kvamが出演

Wien(ウィーン)版”MOZART!”でConstanzeのオリジナルキャストを演じていたRuth Brauer-Kvamが、Wiener Kammerspieleで上演される”Cabaret”に、Sally Bowles役で出演することになったと、Der Kultur-Channelが伝えています。初日は2010年9月16日です。

Sally Bowlesといえば、先日届いたMusicalclubのニュースレターに載っていたインタビュー記事の中で、”Ich war noch niemals in New York”に出演中のAnn Mandrellaが、是非演じてみたいと思っている二つの役のうちの一つだと語っていました。ちなみにもう一つは”Les Misérables”のFantineだそうです。

会場のWiener Kammerspieleは、499席のこぢんまりとした劇場です。公式サイトのトップには同じ劇場グループのTheater in der Josefstadtの写真が載っていますが、Kammerspieleとは全く違う場所にあるので、ご注意下さい。以前そのことを知らなくて、危うくTheater in der Josefstadtに行きかけたことがある私です(苦笑)。

Cabaret
脚本: Joe Masteroff
音楽: John Kander
歌詞: Fred Ebb
ドイツ語訳: Robert Gilbert

監督: Werner Sobotka
舞台美術: Amra Bergman-Buchbinder
衣装: Elisabeth Gressel
音楽監督: Christian Frank
振付: Ramesh Nair

キャスト
Sally Bowles: Ruth Brauer-Kvam/ Eva Mayer
Clifford Bradshaw: Martin Hemmer
Conférencier: André Eisermann
Herr Schultz: Kurt Sobotka
Fräulein Schneider: Lotte Ledl
und mit Caroline Frank, Miriam Mayr, Simone Niederer, Maja Pihler, Michael Clauder, Stefan Konrad, Ferdinand Stahl, Ronnie Veró Wagner

Wiener Kammerspiele
Rotenturmstraße 20, 1010 Wien
Tel: +43 1 42700
http://www.josefstadt.org


より大きな地図で Theater, Musical, Kabarett を表示

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




8 − 8 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください