Máté KamarásがThe Full Montyに出演

ドイツ・München(ミュンヘン)のDeutsches Theaterで上演される”Ganz oder gar nicht“(”The Full Monty”の独語訳)に、Máté Kamarásが出演します。このプロダクションは、2010年7月にオーストリアのAmstetten(アムシュテッテン)で開催されたMusicalsommer Amstetten 2010の演目として上演されたもので、Hamburg(ハンブルク)及びWien(ウィーン)で”Ich war noch niemals in New York”の振付を担当したKim Duddyが監督を務めています。出演者の大半はAmstetten版と同じで、Martin Pasching、Carin Filipcic、Rory Six、Claus Dam等豪華な顔ぶれが揃っています。MátéはMünchenからの参加になります。

上演期間は2010年10月8日から24日までの月曜日を除く毎日(火~土曜20時、日曜19時開演)。初日に先立ち、10月7日にプレビュー公演が行われます。なおmusicalszeneによると、10月22日の公演にはMátéは出演しません。チケットは29EURから69EUR(別途販売手数料)、プレビュー公演は25%割引。上演時間は休憩を含んで2時間40分となっています。

キャスト
Jerry Lukowski: Martin Pasching
Pam Lukowski: Eleonora Talamini
Dave Bukatinsky: Frank Winkels
Georgie Bukatinsky: Carin Filipcic
Harold Nichols: Claus Dam
Vicki Nichols, Susan Hershey: Jacqueline Braun
Malcolm McGregor: Rory Six
Noah “HENGST” T. Simmons: Eddie Jordan
Ethan Girard: Máté Kamarás(10月22日以外)
Nathan Lukowski: Brendan Degenhardt
Buddy “Keno” Walsh, Polizist, Tanzlehrer: Thomas Puskailer
Teddy Slaughter, Reg Willoughby, Tony Giordano, Priester, Pfänder: Sacha Bauer
Jeanette Burmeister, Molly MacGregor, Dolores: Betty Vermeulen
Estelle Genovese: Abbie Guilding
Joanie Lish: Teri Huprich
Marty, Pfänder: Christian Aichinger
Gary Bonasorte: Clemens Sturm

なお本来はSchwanthalerstraßeにあるDeutsches Theaterは、現在大規模改装工事中です(2012年再オープン予定)。”Ganz oder gar nicht”はWerner-Heisenberg-Alleeにある仮設劇場(座席数1700)で行われます。仮設劇場の写真はこちら。サッカースタジアムAllianz Arenaのすぐ近くです。

Deutsches Theater München
Werner-Heisenberg-Allee 11
80939 München-Fröttmaning, Germany
Tel: +49 89 55234-0
Ticket Hotline: +49 89 55234444
http://www.deutsches-theater.de/


大きな地図で見る

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




fifteen − ten =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください