Sylvester Levay国際ミュージカル歌唱コンクール

“Elisabeth”、”MOZART!”、”Rebecca”、”Marie Antoinette”の作曲者Sylvester Levayの出身地であるSubotica(現在はセルビア領)と、Budapest Operetta and Musical Theatre(ブダペスト・オペレッタ・ミュージカル劇場)の共同プロジェクトとして、”Sylvester Levay International Musical Singing Competition“(Sylvester Levay国際ミュージカル歌唱コンクール)が開催されます。

コンクール公式サイト(英語)によると、コンクールの目的は各国の才能ある若者に、ハンガリー出身の世界的ミュージカル作曲家であるLevay御大の曲を通じて、自分の才能を試す機会を与えることだそうです。コンクールの課題曲はLevay御大の曲を含むミュージカル曲。女性ソロ(Elisabeth、Ich、Constanze、Marie-Antoinette、Baronin Waldstätten、Nannerl、Mrs. Danvers、Beatrice等)、男性ソロ(Wolfgang Mozart、Maxim de Winter、Tod、Rudolf、Colloredo等)、キャラクターシンガー(Mrs. Van Hopper、Jack Fawell、Schikaneder、Lucheni、Frau Wolf等)の3部門について、18~26歳の女性と18~30歳の男性参加者を募集しています(年齢は審査員により例外を認めることもあり)。参加申込期限は2011年3月31日。2011年4月1日から5月15日にかけてBudapest、Vienna、Prague、Bucharest、Nove Zamky、Targu Mures、London、New York、St. Petersburg、東京、Seoulで予備審査が行われ、2011年7月6日、7日にSuboticaのNational Theatre(国立劇場)でセミファイナル、2011年7月8日、9日にPalics Open Air Theatreにてファイナル及びガラショーが行われることになっています。賞金として1位5000 EUR、2位3000 EUR、3位2000 EUR及び各部門に特別賞1000 EURが贈られます。またBudapest Operetta and Musical Theatre及びコンクール参加各都市での出演機会が提供されます。Sylvester Levayの名を冠した特別賞の贈呈も予定されています。審査員は各国からの専門家5~7名で構成されます。

参加申し込みに際しては、履歴書、写真、所定の参加申込書(サイトからダウンロード可能)を、参加可能な予備審査会場の連絡先にメール提出する必要があります。演劇や音楽の学位は不要です。

予備審査では、参加者が選択したミュージカル2曲をピアノまたは何らかの音源による伴奏で披露することになっています。参加費30 EURが必要です。Suboticaで行われるセミファイナルでは、Sylvester Levayのミュージカルからソロ1曲の抜粋と、参加者自身の選曲による別の1曲の計2曲が課題となります。Levay御大の曲を歌う場合は、主催者側から伴奏音源が提供されます。その他の曲については、参加者自身が伴奏音源を用意する必要があります。参加費50 EURが必要です。ファイナルはSuboticaにほど近いリゾート地Palicの野外劇場Palics Open Airで行われ、Levay御大のミュージカルからソロ1曲(オーケストラ伴奏)及びデュエット1曲、参加者自身の選曲による別の1曲(オーケストラ伴奏)の計3曲が課題となります。

Musicals Unlimitedによると、コンクールへの参加者数は数百人から数千人が見込まれており、Suboticaでのセミファイナルには約100名、ファイナルには20名の進出が予定されています。またBudapest Operetta and Musical Theatreは2010年に”Die lustige Witwe”(メリー・ウィドウ)で知られているハンガリー出身のオペレッタ作曲家Franz Lehár(フランツ・レハール)の名を冠した国際オペレッタ歌唱コンクールを開催しており、2012年にはオペレッタ”Die Csárdásfürstin”(チャールダーシュの女王)の作曲家Emmerich Kalman(エメリヒ・カールマン)の名を冠した国際指揮コンクールの開催が予定されています。これら3つの国際コンクールは、3年ごとに催される計画になっているそうです。

なお公式サイトのコンクール概要紹介ページには、予備審査会場として東京が挙がっていますが、連絡先は今のところ掲載されていません。アジアではソウル会場の連絡先が載っています。世界の舞台を目指そうと考えている若手ミュージカル俳優の方が、積極的にチャレンジされることを願っております。

Booking.com

2 Comments

  1. 拝見いたしました。

    当方のブログで紹介しましたが、日本からエントリーした(というかリーヴァイ氏が引っ張っていった)福岡市出身の平田愛咲(あずさ)さん が、ここでご紹介されているコンペに優勝しました。

  2. JUNSKYさん、素晴らしいニュースをありがとうございました。
    まさか日本の方が優勝されるとは、びっくりです! 平田愛咲さんの舞台は残念ながら未見なのですが、JUNSKYさんがアップされていたYouTubeのConstanze、素晴らしかったです! MOZART!再演の際は、是非平田さんにConstanzeを演じていただきたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




two × one =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください