Máté Kamarásがエリザベートに出演

2012年5月から9月まで東京・福岡・名古屋・大阪で上演される東宝版『エリザベート』に、Máté Kamarás(マテ・カマラス)がトート役で出演します。musicalszene.deには、欧州人の俳優がミュージカルの主役として日本の舞台で日本語で演じるのは初めてだと紹介されています。既に『MITSUKO~愛は国境を越えて~』で日本語での出演を経験しているMátéが、今度は歌い慣れたTodナンバーを全編にわたって日本語で披露します。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




fourteen + ten =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください