Das Phantom der Oper、コンサート形式でWienにて上演へ

Vereinigten Bühnen Wien(VBW、ウィーン劇場協会)のオーケストラが2012年11月に創立25周年を迎えることを記念して、Andrew Lloyd Webberの”Das Phantom der Oper“(オペラ座の怪人)がコンサート形式で上演されることになりました。音楽監督はVBWの音楽ディレクターKoen Schoots氏が務めます。今回使用されるのは、2011年にLondon(ロンドン)のRoyal Albert Hall(ロイヤル・アルバート・ホール)で行われたファントム25周年記念コンサートのために作られた45人編成のオーケストレーション、指揮はLandestheater Salzburgのオペラ監督Andreas Gergen氏です。

1988年にVBWが手がけたドイツ語圏初演版”Das Phantom der Oper”は、Wien(ウィーン)で4年半の間に1300回の公演を数えました。

2012年5月にVBWミュージカル部門監督に就任したChristian Struppeck氏によると、今回のガラコンサートはVBWの新企画”Musicals in Concert”のオープニング作品となるそうです。今後VBWオーケストラは、国際的なミュージカルのハイライトをコンサート形式で上演していく予定です。

Ronacher劇場での公演は、2012年11月29日から12月9日にかけての水曜を除く毎日、計10回が予定されています。気になるキャスト情報ですが、VBWのニュースサイトによると近々オーディションで決められるとのこと。発表は秋の予定だそうです。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




3 × four =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください