ウィーン版ミュージカル エリザベート20周年記念コンサート初日

大阪・梅田芸術劇場メインホールで開幕した『ウィーン版ミュージカル エリザベート20周年記念コンサート ~日本スペシャルヴァージョン~』の初日に行ってきました。魂に響くキャストの素晴らしい歌声、紫に青や緑と深い色合いが美しい照明、重厚で聴き応えのあるオーケストラ、お馴染みの蔦模様の衣装、舞台装置がないことを忘れさせるような密度の高い演出、全てが素晴らしい公演でした! コンサート版という概念を遙かに超えた構成は、場面転換と大がかりな舞台装置がないだけの舞台版と言っても差し支えありません。振付も舞台版と遜色なし。スタンドマイクの前で入れ替わり立ち替わり歌うコンサートでは全くありません。コンサートと聞いて行くのをためらっているならば、絶対に行くべきです! 正直映像多用で舞台装置は最低限しかなかった舞台版のドイツツアー公演と今回の来日コンサート版では、後者の方が舞台としての完成度は遙かに上でした。このバージョンを日本で見られることに大感謝です!

カーテンコールは、音楽が始まる前の拍手の嵐から既にスタンディングが始まる異例の盛り上がり。今Wien(ウィーン)で上演中の新バージョンと思われる選曲でした。MátéとLukasによる日本語とドイツ語のミックスバージョン”Die Schatten werden länger”(闇が広がる)には観客も参加し、劇場内が一体となって盛り上がる大変楽しいスペシャルカーテンコールでした。

客席にはKunze、Levay両御大やLevay夫人、Vereinigte Bühnen Wien(VBW、ウィーン劇場協会)のChristian Struppeck氏等のゲストの姿があり、カーテンコールで両御大とStruppeck氏から挨拶がありました。

大阪公演は梅田芸術劇場メインホールで2012年10月15日~22日まで。東京公演は東急シアターオーブにて10月26日~31日まで。重ねて言いますが、迷っている人は必ず行くべきです。真の感動が得られること間違いなしです!!

Booking.com

9 Comments

  1. おー!Spaさん行かれましたか!
    初日は行けず明日に行ってきます。
    久しぶり(見納め?)のMayaさんのエリザ、楽しみです!

  2. Kenzoさん、お久しぶりです。今回のコンサートは本当に素晴らしいですよ! コンサートと一言で言ってしまうには勿体ない濃い内容です。MayaさんのSisi、お見合いの場面では姉より明らかに年上に見えましたが(苦笑)、冒頭のパパとのじゃれ合いを見ていると、何だかまだまだ行けそうな気がしてしまいます。改めてMayaさんの偉大さに感じ入っております。

    またご覧になったら感想聞かせて下さいね。

  3. 今日梅芸行って観てきました。
    Mayaさんの迫力ある歌いっぷり良かったです。前回の大阪公演で聞いたときよりかなり迫力が出た感じで、Ich grhort nur mirは今回の方が格段に良いですね。確かにコンサートとはいえない舞台版に近い演出でしたが、それならもう少し映像多用で演出してくれてもよかったような気がします。あと最後のDer Todに抱かれて舞台の上手から退場の場面は、舞台中央にせり上がり舞台あるので、やはり(歌詞にもあるように人生の)奈落へ落として欲しかったです。贅沢言えばきりがないのですが、とにかく素晴らしい舞台でした。
    また舞台サイドの日本語訳見ながら聞くと、ほぼ完璧にドイツ語が聞き取れているかのように感じるのはおもしろいですね。

  4. 昨日行って来ました!
    やっぱりMayaさんのエリザベートは深いです。エリザベートの感情のうねりがMayaさんの歌と演技でダイレクトに伝わってきます。「愛と死のロンド」の歌詞が大変興味深かったですね。アンサンブルも少人数ながらさすがウィーン!って感じで、堪能しました。思わず日曜日も押さえました!東京行けないのが残念です・・・(涙)

  5. debu-chanさん、来日公演ご覧になったのですね。Mayaさん自身の人生のステージに合わせて深みを増していくElisabeth像、特に2幕の精神病院の場面は見るたびに進化を続けているように思えます。

    映像多用で大道具が最小限しかなかったドイツツアー版は安っぽく見えてしまったので、個人的には照明で見せる今回の演出の方が、シックで素敵だと思いました。ラストは私も上手の階段を上るよりは、舞台の中央で決めポーズが決まればいいのになあと思って見ていました。ただセリで下降して消えていくとなると、Elisabethを抱いたままというのは結構しんどそうですね(苦笑)。

    映画も字幕を見ながらだとかなり分かった気分になれます(笑)。前方席だと字幕を見ていると役者さんの動きが追えなくなるのが難点ですね。

  6. Kenzoさん、感激が伝わるコメントありがとうございました。『愛と死の輪舞』は、日本語歌詞とは全然違う印象を受ける部分とシンクロする部分が結構分かれている感じがします。初めてドイツ語歌詞を見たときにびっくりした覚えがあります。

    日曜日もご覧になるのですね。あの感動を再び噛みしめてきて下さい!

  7. spaさん

    お久しぶりです。コンサートとても、とっても良かったですよね!20日のソワレに行きました。見るまではガマンして、こうしてゆっくりspaさんの大阪初日レポートを拝見して感動が甦ってくるようです。コンサートを超えた、本物でしたね。ドイツ語って凄い。未だに感動で痺れています。(CDなどの媒体に残ることを祈っているのですが梅芸さんがんばってくださらないでしょうか…)

  8. 週末に大阪公演を観て来ました!
    土曜の昼は、マテの声が小さいように思えたところもありましたが、翌日は良く聞えたので、もしかするとマイクのせいかなとも思いました。
    とにかく日本でこのメンバーで観られるなんて夢のようでした!
    東京公演だけにしようと思っていたのですが、東宝版のマテを観た後に梅芸のHPで前の方の席があったので思わず買ってしまいました。でも、やっぱり近くで観ることが出来て良かったです。歌だけでなく演技までよく観ることが出来ました。
    土日なので、スペシャルなカテコはなかったですが、それは東京での楽しみに取っておきます。
    私もぜひDVDやCDにして欲しいと思います!

  9. こんにちは。昨日、東京の初日、見てきました。もちろん満席でした。なんだか感激してしまってほとんどおぼえていません。
    やっぱりマヤさんはすごい!それからマテは本当にかっこいい!!それからルーカスはかわいい!レベルが高くてもう、本当に言葉がありません。あと3回見に行きます!ちょっとうらやましいでしょう?また投稿します。とりあえず、SPAさんにご報告でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




4 × 2 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください