2017年夏、TecklenburgでRebecca及びShrek上演

Freilichtspiele Tecklenburg

ドイツ・Tecklenburg(テクレンブルク)の野外劇場Freilichtspiele Tecklenburgの2017年夏の上演演目及び出演者が発表されました。Tecklenburgでは毎年ミュージカル2作品と家族向けミュージカル1作品が上演されます。前者はドイツ語圏ミュージカル界で活躍する一流スターが数多く出演することで有名です。夏の観劇旅行ではTecklenburgの上演作品のチェックは必須です。2017年の家族向け作品は”ALADIN und die Wunderlampe”(アラジンと魔法のランプ)です。

メインの2作品、一つ目の演目は”Shrek”(シュレック)、公演期間は2017年6月17日から8月27日まで(計21公演)。

Shrek

メインキャスト
Shrek: Tetje Mierendorf
Esel: Dominik Hees
Fiona: Roberta Valentini
Lord Farquaad: Thomas Hohler

監督: Ulrich Wiggers
音楽監督: Giorgio Radoja
振付: Kati Heidebrecht

PREMIERE: 17. Juni 2017
21 Vorstellungen bis zum 27.8.17

二つ目は”Rebecca”(レベッカ)、公演期間は2017年7月21日から9月9日まで(計20公演)。

Rebecca

メインキャスト
ICH: Milica Jovanovic
Maxim de Winter: Jan Ammann
Mrs. Danvers: Pia Douwes
Frank Crawley: Thomas Hohler
Beatrice: Roberta Valentini
Mrs. Van Hopper: Anne Welte
Jack Favell: Dominik Hees
Ben: Christian Schöne

監督: Andreas Gergen
音楽監督: Tjaard Kirsch
振付: Danny Costello

両公演共カバーはおらず、病気等の特別な理由がない限り、発表されているキャストが全公演出演します。

チケット販売開始は2016年11月15日現地時間10:00(冬時間になり8時間時差があるので日本時間18:00)、オンライン販売及び電話予約(+49-5482-220)で購入可能。公演スケジュールは劇場サイトに掲載されています。PDF版(カラー版及び印刷用の2種類)もあります。

Tecklenburgの野外劇場は殆どの観客席が屋根で覆われていますが、左右の端のブロックは一部屋根がありません。2016年シーズンを前に屋根を始め舞台や音響装置がリニューアルされましたが、観客席の木のベンチは健在です。座席用と背もたれ用のクッションは必須です。貸し出しはありません。私の場合は現地の友人が持って来てくれたり、宿のクッションを借りました。日が暮れると急激に寒くなる場合があるので、膝掛けもお勧めです。宿の毛布を持っていく手もあります。また地面は砂地なので、荷物を置くビニールシートか大きめのゴミ袋(風に煽られてもぱりぱり音がしないタイプ)があると重宝します。常連の皆さんは心得たもので、公演前には大きめのショッピングバックに一式詰めて旧市街から劇場のある城跡へと続く坂道を上る集団が見られます。野外公演の中には休憩がないところもありますが、Tecklenburgでは幕間が約20分あります。

Freilichtbühne Tecklenburg

座席数は2000ほど、席にこだわらなければ大抵は当日券も出ているようです。座席表はこちら。PK 1(屋根あり)、PK 2(屋根あり)、PK 3(屋根なし)の3つのカテゴリーがあります。

Freilichtbühne Tecklenburg

Tecklenburgには駅はありません。廃線になった駅の近くにTecklenburg Bahnhofというバス停がありますが、街の中心部からは離れています。最寄り駅のLengerich(レンゲリッヒ)またはIbbenbüren(イッベンビューレン)からバスで移動することになります。便数は少ないですが、列車の到着に合わせて時刻表が組まれています。Lengerichからの場合、R45のバスで15分ほどのTecklenburg Stadt Bussteig B/2で下車します。Münster/Osnabrück(ミュンスター・オスナブリュック)国際空港までは車で20分ほどと便利です。Lufthansa(ルフトハンザ)のFrankfurt(フランクフルト)及びMünchen(ミュンヘン)便があり、日本から乗り継ぎ可能です。ドイツ国内へは他にAIS AirlinesがStuttgart(シュトゥットガルト)便を運航しています。ちなみにローカル空港なのであまり早く行ってもチェックインカウンターは開いていません。

劇場から徒歩圏内のホテルはHotel Drei KronenまたはHotel Bismarckhöheです。Hotel Drei Kronenは旧市街の中にあり、バス停から徒歩で移動可能です。Hotel Bismarckhöheも荷物がなければ徒歩で行けますが、坂道でかなり離れておりスーツケースを運ぶのは無理があるので、駅からタクシーが無難です。Lengerichの場合は駅前に客待ちのタクシーがいるとは限らないので、予約した方が無難です。

Hotel Drei Kronen
Hotel Drei Kronen, Tecklenburg

また少々ハードルは高いですが、休暇用のアパートを借りることも出来ます。詳細はTecklenburgの観光案内所に問い合わせてみて下さい。英語で大丈夫です。

Tecklenburg Touristik

Freilichtspiele Tecklenburg e. V.
Schlossstr. 7
49545 Tecklenburg
Tel: +49 5482 220 / 227
Fax: +49 5482 1269
info@buehne-te.com
https://www.freilichtspiele-tecklenburg.de

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




13 + 8 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください