Tanz der Vampire Stuttgart公演伯爵発表(2017年1月)

Graf von Krolock
Copyright: Stage Entertainment

2017年1月26日からドイツ・Stuttgart(シュトゥットガルト)で始まる”Tanz der Vampire“(ダンス・オブ・ヴァンパイア)。新年を迎えても誰がGraf von Krolock(クロロック伯爵)を演じるかがなかなか発表されず、ファンをやきもきさせていました。Jan AmmannKevin TarteMark SeibertThomas BorchertDrew Sarichといった、これまで伯爵を演じてきたビッグネームの名前が噂や地元紙の報道で取りざたされるも、公式発表されたのはアンサンブルキャストのみという状況でした。

そんな中、公式FacebookページTanz der Vampire – Deutschlandに伯爵登場を予感させる写真や動画が次々と公開され始めました。

Stuttgartの街中でウィンドウショッピングを楽しんでいると・・・。

凝った装飾の欄干の上を滑る長い爪の手の持ち主は・・・。

そして最後の夜が明け・・・

謎の伯爵が姿を現しました!

その人の名はMathias Edenborn。スウェーデン出身、現在41歳のMathiasは、2016年9月までHamburg(ハンブルク)の”Liebe Stirbt Nie“(Love Never Dies)で怪人役を演じていました。”Tanz der Vampire“に関しては、ドイツ初演にあたるStuttgartでの最初の公演期間に参加した経験があり、その後Berlin(ベルリン)公演では伯爵役を演じました。Stuttgartでは”Wicked“のFiyero役で舞台に立ったこともあります。”Romeo & Julia“(ロミオとジュリエット)のWien(ウィーン)公演ではBenvolio(ベンヴォーリオ)役でLukas PermanMark Seibertと共に出演しているので、彼の声をCDで耳にされている日本のファンも多いはずです。後から考えてみれば、”Das Phantom der Oper“(オペラ座の怪人)やStage Entertainmentの多くの作品に出演経験があり、10年以上前とはいえ過去に伯爵役を演じた経験があるMathiasは、ネームバリューからもぴったりの人選でしたが、私自身は彼が伯爵経験者だと認識していなかったので、全く思いも及びませんでした。多くのTdVファンもそうだったようで、私がチェックしていた限りではFacebookのコメントやミュージカルファンサイトの書き込みにもMathiasの名前は浮上していませんでした。そういう意味では興行側の仕掛けは大成功だったと言えるでしょう。

しかし熱狂的なTdVファンの中にはキャスト選定に対して不満を持った人が少なからずおり、Mathias伯爵出演が告知されるや否や、多くの否定的な意見がFacebookコメントに寄せられました。Stuttgartの初代伯爵で地元在住のKevin Tarteや、やはりStuttgartを本拠地とし、現在のドイツツアー公演ではBerlin(ベルリン)、München(ミュンヘン)で伯爵を演じたJan Ammannを押すファンの中には、別のキャストならば観に行かないと発言する人もおり、ファン同士で小競り合いのような形になっていたりもしました。そこに当のMathias本人から次のコメントが寄せられました。

「親愛なるヴァンパイアファン達へ! 勿論それぞれが自分の意見を持つのは自由だけれど、僕は自分のベストを尽くし、自分の中にある全ての感情をさらけ出して、君達の愛する公演に敬意と愛情を込めて臨むつもりだ。恐らく君達のうちの何人かの意見は変えることが出来ると思っているよ。ではまたStuttgartで。愛を込めてMathiasより」

通常出演者自身からこうしたファンの声に直接反応があることはまず考えられません。更に驚いたことに、やはり名前を取りざたされたJan AmmannもMathiasの発言に対してコメントを寄せたのです。

「Mathias! 君は僕が君をこの役で見た当時のような素晴らしい伯爵になるよ! いや、それよりももっと良くなるはずだ。僕たちはお互いに多くの経験を積んできたのだから。

敬意というものが残念ながら僕たちの職業やファンには不足していて、多くの人間が馬鹿げた考えをいとも簡単に吐き出してしまう。この素敵なSNSという場ではお喋りの垂れ流しはびっくりするほど簡単だからね。全キャストの名においてこのことは非常に残念に思っているよ。だけどこの手の論争はいつもそう、誰の方が良いとか・・・。誰にも優劣はない。君が上手く言ってくれたように、それは常に見方の問題で、僕自身は誰かがこうしたことを客観的に敬意を持って扱ってくれるなら、大いに喜ばしいと思うよ。

親愛なるファンの皆さん、君達は素晴らしいし、君達のこの作品への愛と忠誠がTdVの上演がこれほどまでの成功のうちに続くことを全くもって可能にしています。一つだけ頼みがあります、そしてこれは僕にとって重要なことです。我々の元には残念ながらしばしば期せずして様々なコメントが流れてきます。君達も知っての通り、Mathiasがここで個人的に発言したことは、僕は素晴らしいと思う…でもそれは彼がここに書かれた大多数のコメントを読んだということも意味している・・・誰にとっても痛ましいことです。僕達一人一人がこんな論争に巻き込まれたことがあり、座っている椅子がどんな風に熱くなっていくかを消極的に見守るしかなかったのです。どうか感じ良くあって下さい。意見は大事、そのことに疑問の余地はない。ただ音色が音楽を創り出すように、言い方が肝心なのです。君達に感謝しているよ! Münchenより」

MathiasといいJanといい、何と男前なのでしょう! そして時には否定的だったり感情的な発言が見られることがあっても、様々な意見が飛び交い、活発な討議が繰り広げられるドイツ語圏ミュージカルのファンコミュニティーを羨ましく思いました。

Mathiasの出演予定は彼の公式ホームページに掲載されています。現時点では2017年1月及び2月の予定として、Stuttgartの”Tanz der Vampire”では伯爵のファーストキャストとして、原則全公演に出演する旨が告知されています。なかなかレトロなデザインのサイトではありますが、急な出演予定変更等の情報は割とこまめに掲載されています。

現時点で公式発表されている出演者は次の通りです。

Graf von Krolock: Mathias Edenborn

女性アンサンブル:
Marina Maniglio, Anja Wendzel, Karolin Konert, Fleur Alders, Alessandra Bizzarri, Veronika Enders, Katie Allday, Lynsey Reid, Nicole Ollio, Samantha Harris-Hughes, Astrid Gollob, Sanne Buskermolen
男性アンサンブル:
Sander van Wissen, Kirill Zolygin, Gonzalo Campos Lopes, Pascal Höwing, Kevin Schmid, Csaba Nagy, Joe Nolan, Stefan Mosonyi, Nicola Trazzi, Michael Anzalone, Thijs Kobes, Jacob Fearey, Mate Gyenei, Kevin Hudson

公式FacebookページTanz der Vampire – Deutschlandでは、Stuttgart公演開幕に向けてミニ予告動画を公開しています。

陽気なアンサンブル達が「ニンニク、ニンニク、Stuttgart、私達が行くよ!」と宣言。

ある人にとっては単なるスポンジに過ぎなくても、別の誰かにとっては恐らく最も素晴らしい愛の証。

鎖とベニヤ板を持った男が何処かへ歩いて行きます。Stuttgartよ、お前の娘達を閉じこめよ!

Stuttgartの街中にはヴァンパイアの旗が翻り、街を征服する日を指折り数えています。

“Tanz der Vampire”のStuttgart公演は2017年1月26日から8月31日まで、Stage Palladium Theater Stuttgartで行われます。初日の1月26日のチケット代には開演前及び幕間のドリンク代と終演後のスパークリングワインが含まれています。

重要:このブログ記事の執筆時点では、日本からアクセスするとチケット購入サイトのカレンダー表示が一日ずれています。カレンダーは月曜始まりですが、本来休演日であるはずの1月30日(月)に19:00公演の表示があります。

Stuttgart Tanz der Vampire Calendar

クリックして次画面に進むと、1月29日(日)19:00公演の座席表が表示されます。

Stuttgart Tanz der Vampire seating plan

これはアクセスに使っているPCやモバイル機器が日本時間に設定されていることが原因です。試しに機器の時間帯を欧州時間に変更すると、カレンダーは正常に表示されました。チケット購入時は、表示されている公演日時が希望の日時と合っているかを決済完了前に必ずご確認下さい。

Booking.comのStuttgartのホテル一覧はこちらをご覧下さい。

ミュージカル劇場Stage Palladium Theaterは巨大ショッピングモールSI-Centrumの中にあります。同じ敷地内のドルメロ ホテル シュツットガルト(DORMERO Hotel Stuttgart)が最も近いホテルです。SI スイーツ(SI-SUITES)も同じくSI-Centrum内に位置しているアパートメントホテルです。

観光や電車で他都市へ移動することを考える場合は、中央駅の目の前にあるモーテル ワン シュトゥットガルト-ハウプトバーンホフ(Motel One Stuttgart-Hauptbahnhof)がお薦めです。私も泊まったことがあります。

Stage Palladium TheaterへはStuttgart Hauptbahnhof(シュトゥットガルト中央駅)からは路面電車Stadtbahn U 5もしくはU 6でMöhringen(メーリンゲン)駅で乗り換え、路面電車Stadtbahn U 3でSalzäcker(ザルツエッカー)駅下車、約25分前後、2.90 EUR(2017年1月時点)。バスの場合は75番でLandhaus(ラントハウス)下車、もしくは77番または809番でSternhäule(シュテルンホイレ)下車。時刻表はVerkehrs- und Tarifverbund Stuttgart(シュトゥットガルト交通局)のサイトで検索可能です(英語サイトあり)。夜中12時過ぎまで電車はあるので、公演終了後も余裕を持って中央駅まで戻れます。

Stage Palladium Theater Stuttgart
Plieningerstr. 109
70567 Stuttgart
Germany
https://www.stage-entertainment.de/

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




fourteen + three =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください