Rudolfプレス向け撮影会

さる2月18日、Rudolfのプレス向け撮影会が行われました。Rudolf公式ブログDer Kultur-Channelによると、”Alptraum – Die Fäden in der Hand”(悪夢:手中の糸)、”Bahnhof – Du bist meine Welt”(駅:君は僕の世界)、”Eislaufverein – Tralala”(スケートクラブ:Tralala)の3つの場面が上演されたそうです。

舞台撮影後、Drew Sarich(Rudolf)、Lisa Antoni(Mary Vetsera)、Uwe Kröger(Taaffe)、Claus Dam(Kaiser Franz-Joseph)及び監督のDavid Levauxと振付のJohn O’ Connellが登場しての撮影会があり、オーストリアの全テレビ局との質疑応答も行われたそうです。

撮影会に参加した写真家Isabell Schatzのサイトで、Fotos > Theaterをクリックすると、Rudolfを始め、様々な舞台写真を見ることができます。Lukas PermanのRomeo、Máté KamarásのTodもあります。

2月26日の初日を控え、段々盛り上がってきたRudolf。2月23日(月)22:50よりORFの番組KULTURMONTAG内で、Prinzen-Rolle: “Rudolf” als Musicalと題して10分間紹介される予定です。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




4 × 2 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください