Ronacher劇場の献血キャンペーン

2009年11月6日に、Tanz der Vampireを上演中のウィーン・Ronacher劇場で、Vereinigte Bühnen Wien(VBW)と赤十字が献血キャンペーンを行います。当日は14時から17時まで、劇場前に献血車が止まります。

劇場ロビーでは、TdV出演者によるサイン会や、ウィーンの青少年赤十字によるリアルな「負傷メイク」の体験会、救急講習会等が催されます。子供達にはチビ吸血鬼に変身するチャンスもあるようです。

Booking.com

2 Comments

  1. 面白い企画ですねえ!
    だって、あちらでは献血は日本みたいに一般的ではないんでしょう?負傷メイクは面白そうですが、はたしてどれだけ献血してくれる人がいるのか気になります。

  2. TdVと献血運動を絡めるとは、面白いですよね。

    献血率の話、気になったのでちょっと調べてみました。
    2007年のドイツの献血率は、人口比2.3%。
    オーストリア全体では3.7%、ウィーンは2.1%だそうです。

    ちなみに日本での2007年の都道府県別献血率平均は、4.03%。上位3カ所は北海道、東京、大阪となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




14 − 2 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください