EMKミュージカルカンパニー代表インタビュー

2010年2月21日にソウルの世宗文化会館で千秋楽を迎えた韓国版MOZART!。制作会社のEMKミュージカルカンパニーのオム・ホンヒョン代表が、韓国メディアOhmyNewsのインタビューに対し、公演の成功の理由や、スター依存のマーケティングとの批判に対する反論等を語っています。なかでも2011年上半期の再演を検討中という話は気になるところです。

例によって、Googleツールバーの翻訳機能を使った少々怪しい訳をご紹介します。

“過度なキャスティングは、スターマーケティングではなく、実力のない俳優のキャスティング”:ミュージカル”モーツァルト!”メーカーEMKミュージカルカンパニーオムホンヒョン代表者インタビュー

今年上半期最高の作品の一つとして注目を浴びている話題のミュージカル”モーツァルト!”が先週21日にソウル公演に幕を閉じた。

“モーツァルト!”は、国内チョヨンドゥェンオーストリア本格的なミュージカルのうえ、東方神起ジュンスのデビュー作品で世間から多くの関心を集めた。特に、芸術性と大衆性を兼ね備えた作品という評価と共に、これまで相対的にミュージカルに関心が少なかった10代と20代前半の劇場に巻き込んで、市場の拡大というの収入を産むこともあった。

この作品を制作したEMKミュージカルカンパニーオムホンヒョン代表とのインタビューで”モーツァルト!”の興行成功非結果の裏話を聞いてみた。

オムホンヒョン代表は、ソウル公演を終了築かれたことに、”オーストリアのミュージカル”モーツァルト!”初演を盛況のうちに韓国の観客たちに披露したが事に満足している”とし”今回の公演を通じて、ドラマと、いくつかの部分の問題については、観客とスタッフたちが知ることされており、次のより良い作品を観客に示すことができると自信を持つようになった”と決算した。

彼は実力のあるミュージカル俳優とスタッフから構成される堅実な組織力のチームは、素晴らしい音楽と認知度のあるアーティストの出演およびマーケティングなどの”モーツァルト!”の興行の秘訣に挙げた。オム代表は、”すべての俳優とスタッフたちが、この作品のために多くの愛情を持って、着実に力を集められたので成功的な公演になることがあり、観客にその感動を伝えられた”とボールを仲間に挙げている。

彼は”モーツァルト!”を使用して、海外の観客が韓国のミュージカルを見るためにたくさん訪ねてきたという点が今回の作品を通じて韓国の公演文化系が得られたもう一つの収入と評価した。

オム代表は、”日本には韓国のミュージカル専門記者が起こるほどに、すでにそれらの関心は私たちの思考の外”とし、”彼らが好きな歌手や俳優を使って韓国のミュージカルの本当の隠れた実力を多くの人々が直接確認して、良い評価を受けることができた”と満足している。

彼は続いて、”最も重要なのはシルベスタールベイワミヒャエルクンチェウイ作品が優れていることを、今回の作品を通じて、多くの人々に発表するだろう”とし、”次の作品にも影響を与えること同じであり、一緒に良い評価を受けることができそうだ”という期待感を示した。

どうやらミュージカル”モーツァルト!”の物語で、ジュンスを欠かすことができないようだった。彼にメーカーとしてのジュンスのミュージカルデビューをいかに評価するか尋ねた。

“ギムジュンことは、どのスターよりも感受性、歌、演技が優れています。ミュージカルデビューするだけで評価をしたとしても、中間の理想だと思います。そして観客との呼吸においては、どのミュージカル俳優よりも優れていると自信を持って話すことができます”

彼は”私だけでなく、すべてのスタッフが、短い期間の練習にもかかわらず、このような感受性と歌の煙が出てきたということに対してノルラトゴ、今後膨大なミュージカルスターになるだろう”と予測した。

ジュンスの最初の公演のレポート’の成功の予感’…来年上半期のアンコール公演の準備

しかし、ジュンスが初のミュージカル挑戦とこのような大作に出演することがソントゥト容易な決定ではなかったのように見えた。メーカーの立場としては、単純な負担を超えた’冒険’になることもあったはず。

彼はこれについて、”大舞台に大きく値上がりした経験を持つ友人であり、長年の練習期間経て、実力を十分に備えていたからこそ信じていた”とし、”すでに多くのファンが彼だけのアイドルではなく、最近の音楽性に優れたアーティストとして評価されていたので、より信頼できる”と説明した。そして予想以上の初公演を見て、その判断が間違っていないことを直感した。

彼はジュンスの賞賛をずっと続いて行った。 “ヨンチュルブで、ミュージカル俳優のようにではなく、ギムジュンスそのままの自発性にモーツァルトを表現するように命令した”とし、”ギムジュンスもモーツァルトがグインジ、彼がモーツァルトのかどうか見分けられないほど、誇張され、偽りの煙ではなく、実際その場所に陥って最も率直なデビューを示した”と評価した。

しかし、ミュージカル”モーツァルト!”は、華やかな成功にもかかわらず、過度にスターマーケティングに依存することに否定的に注目を浴びた。オム代表は、その議論の中心に立っていた。

“過度のキャストとの作品を考慮せず、また、実力のない俳優をキャスティングすることです。多くのアーティストたちがエンターテイナーとして多方面で活動していて、そのような人をさらに優れたスターとして評価しているのが現実です”

彼の反論の論理はトリョトハゴ明白だった。

オム代表は、”そのような前提の下で私達がキャストギムジュンことは最高の歌手兼俳優だった”とし、”次の作品でも、ただのスターではなく、ギムジュンことのように歌と演技、ダンスなど、基本的に実力のある友人が入る場合は、100%歓迎する”と強調した。

彼は”多くの観客たちが考えてするように、韓国のミュージカル市場は大きくない”とし、”作品の規模や完成度に対する期待がコジョトゴ、製作コスト、投資の部分には負担が大きくなるほかない。明白スターキャストでは、現実しかない”と指摘した。

彼はメディアに初めて公開することとし、”来年上半期のアンコール公演を準備している”と耳打ちし、”さらに完成度が高まった”モーツァルト!”に会うことができるだろう”と自信を示した。

一方、ミュージカル”モーツァルト!”は、ソウル公演に続き、26日から大邱(テグ)の昌原、釜山などの地方公演での興行がも続いて行く。

3000席の劇場が、連日満員になったという大ヒット公演は、2月26日から地方へと公演場所を移しています。

2月26日~3月7日 大邱:大邱命令アートセンター
3月13~14日 昌原:昌原城山アートホール大劇場
3月26日~28日 釜山:釜山文化会館

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




10 − 10 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください