どうなるRebecca英国上陸?

ドイツのミュージカル雑誌musicals 2011年2/3月号(Heft 147)に、”Rebecca”に関する興味深い記事が掲載されていました。僅か4ヶ月の上演で2011年1月15日に閉幕してしまった”Flashdance”の後継作として、London(ロンドン)・Shaftesbury TheatreでWest End上陸を果たす予定だった”Rebecca”ですが、劇場の奈落がManderlay(マンダレイ)の屋敷の階段を格納するに十分な空間を持たないことが判明し、上演の見込みが立たなくなってしまったそうです。プロデューサーのBen Sprecherは、公演に必要な改修工事には莫大な経費がかかってしまうと述べています。Michael BlakemoreとWien(ウィーン)オリジナル版監督のFrancesca Zambelloの演出に対応可能な劇場を探す試みは、引き続き行われているそうです。またShaftesbury Theatreの次回作は、Sheffieldで上演された”Me And My Girl”のリバイバル版ではないかとの噂が立っているそうです。

英国での上演は未だ確定しない”Rebecca”ですが、スイス・St. Gallen(ザンクトガレン)のTheater St. Gallenでは、Thomas BorchertをMaxim de Winter役に迎えて2011年10月22日に開幕します。

Booking.com

2 Comments

  1. Spaさん こんにちは。お元気ですか?
    昨年の暮れに英国のチケットサイトでなつかしの「R」マークをみて安心していたのに、そんな難しい問題が発生していたとは・・・残念です。GWにからめて行こうとしていたので、また今年の旅行計画を立て直さなくてはなりません(涙)
    NYにも馳せ参じられるよう、年間休暇の計画も練らなくては!
    TDVも遂に北に進出なのですね。Wienの「フライングが追加」と以前の記事で拝見しましたが一体どのシーンなのか今からドキドキです。。。
    また記事を楽しみにしていますね。

  2. りでさん、お久しぶりです。いつの間にかコメント投稿の不具合が直っていたようで良かったです。

    "Rebecca"英国上陸計画延期は残念でした。Elisabeth来日公演でも、梅芸メインホールの奈落の深さが足りずにウィーン版の演出を一部再現出来なかったらしいですが、英国でも同様の問題が起こるとは、ましてやそれが原因で上演の見込みが立たなくなるとは予想外でした。NYで同じ問題が起こらないことを願っております。

    TDV、ウィーンに観に行かれるご予定ですか? 私もDrew伯爵を観に行きたいです。フライング、始まっているかどうかは未確認なので、確かめる機会があれば教えて下さいね!

Leave a Reply

Your email address will not be published.




4 + 19 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください