Elisabethツアー公演版CD発売計画

Michael Kunze公式サイトstoryarchitekt.comに、Kunze御大がファンからの質問に自ら答えるDialogというコーナーがあります。ここに載った質問「2011/2012年版”Elisabeth”ドイツツアーキャスト版CDが出るかどうか、教えて貰えませんか?」に対し、「現在のツアーキャストによるCDは確実に計画されています。いつ出るかは分かりません」との回答がありました。

“Elisabeth”ドイツツアー公演の主なキャストは次の通り。

Annemieke Van Dam: Elisabeth
Mark Seibert: Der Tod
Kurosch Abbasi: Luigi Lucheni
Oliver Arno: Kronprinz Rudolf, Cover Tod
Mathias Edenborn: Kaiser Franz Joseph
Betty Vermeulen: Erzherzogin Sophie
Elissa Huber: Herzogin Ludovika/Frau Wolf
Dennis Kozeluh: Herzog Max in Bayern

Annemieke Van Damは2008~2010年にかけての”Elisabeth”ツアー公演でもタイトルロールのファーストキャストを務めていますが、彼女がElisabeth役のCDは今回が初めてとなります。Der Tod役のMark Seibert、Luigi Lucheni役のKurosch Abbasi等も今回の公演からの新キャスト。来日公演にも出演したMax役のDennis Kozeluh以外は、新鮮な顔ぶれです。

2012年は”Elisabeth”上演20周年記念の年なので、新しいCDを出すにはいいタイミングだと思います。9月から始まるWien(ウィーン)でも、20周年記念キャスト盤が出るのではないでしょうか。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




thirteen + two =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください