2013年夏のTecklenburg:Der Schuh des Manitu及びDer Graf von Monte Christoが初の野外上演へ

ドイツ・Tecklenburg(テクレンブルク)の野外音楽祭Freilichtspiele Tecklenburgといえば、2012年夏の”Marie Antoinette”観劇に訪れた方々も少なくないでしょう。2013年夏の上演作品は”Der Schuh des Manitu”(マニトゥー族の靴)及び”Der Graf von Monte Christo”(モンテ・クリスト伯)、前者は6月22日から8月25日まで、後者は7月26日から9月7日まで上演されます。詳しい日程は劇場サイトからPDFでダウンロード出来ます。どちらも野外での公演は今回が初めてとなります。

“Der Schuh des Manitu”はBerlin(ベルリン)のTheater des Westensで2008年から2010年にかけて上演されていた作品で、同名の映画を原作にした西部劇のパロディー的な内容です。2012年9月からWien(ウィーン)で再々演されている”Elisabeth”でDer Tod役を演じているMark Seibertが、Ranger役で出演していました。なお子供向けミュージカル”Pippi Langstrumpf”(長靴下のピッピ)の上演もあり、2013年5月26日から9月4日まで計33公演が予定されています。

前売り開始は例年12月初めですが、今回は2012年11月15日と早くなっています。Freilichtspiele Tecklenburgの公式Facebookのコメントによると、キャストは出演契約が確定次第発表されるとのことです。

また2013年5月20日には、”Musical meets Pop 2013″と題したガラコンサートが開催されます。こちらもまだ出演者は発表されていませんが、2012年はSabrina Weckerlin(Marie Antoinette)、Pia Douwes(Rebecca)、Anna Thorén(Tanz der Vampire)、Wietske van Tongeren(The Sound of Music)、Mark Seibert(Elisabeth)、Yngve Gasoy-Romdal(3 Musketiere)、Patrick Stanke(Marie Antoinette)及びSascha Krebs(Tanz der Vampire)という豪華なメンバーが一夜限りの公演に集結しました。

Freilichtspiele Tecklenburg
Schlossstr. 7
49545 Tecklenburg
Germany
Telefon: +49 (05482) 220
Telefax: +49 (05482) 1269
http://www.buehne-tecklenburg.de


大きな地図で見る

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




3 + 11 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください