エッセン便り(2013年1月)

寒波の只中にあるドイツ、Essen(エッセン)も例外ではありませんでした。雪のため列車は少し遅れたものの、昼過ぎにMainz(マインツ)を出たので、20時開始のコンサートには問題なく間に合いました。

“Elisabeth”がロングランしていたColosseum Theaterは、現在はイベント会場となっており、恒常的にミュージカルが上演される状況にないことを、ドイツのミュージカルファン達は残念がっていました。

劇場のすぐ近くには、ミュージカルCDの通販で有名なSound of Musicの実店舗があります。ここが開店してからもEssenを訪れたことはありましたが、開店時間に間に合わなかったりと、今まで行く機会がありませんでした。ミュージカルの上演機会が減ったので、店を閉じたのかと思っていましたが、まだあると友人に聞いたので初めて入ってみました。狭い店舗にはCDやDVDがぎっしり詰まった棚が壁沿いに並び、ミュージカルファンならタイトルを見るだけでも楽しめる充実ぶり。日本語のタイトルも目につきました。ミュージカルのプログラムや専門誌も沢山ありました。日本からも時々お客さんが来るそうです。残念ながら免税手続きは取り扱っていませんが、MainzのSATURNで24.99EURだったStuttgart(シュトゥットガルト)版”Rebecca”の2枚組CDは22EUR台だったので、良心的な価格設定だと思いました。これだけの品揃えは町のCDショップには期待出来ないので、機会があれば是非訪ねてみて下さい。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




20 − 3 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください