Wildhornの新作Artusキャスト発表

スイス・St. Gallen(ザンクト・ガレン)で2014年3月に世界初演を迎えるFrank Wildhornの新作ミュージカル”Artus”のキャストが発表されました。Theater St. Gallenのサイトにはまだアップされていませんが、ThatsMusicalや出演者のFacebookの情報によると、大変豪華な顔ぶれがSt. Gallenの地に集結する模様です。

まず主役のArtusは、2度の来日で日本のミュージカルファンからも人気があるPatrick Stanke。2013年10月から2014年3月にかけて、自ら主演と監督を務める”3 Musketiere“(三銃士)のドイツツアー公演に出演しつつ、稽古に参加することになるようです。騎士Lancelot役はWien(ウィーン)で2014年2月1日まで上演中の”Elisabeth”の現役Der Tod、Mark Seibert。”Wien Musical Concert II”(ウィーン・ミュージカル・コンサート2)で2013年に初来日した彼も、多くの日本人ファンを魅了しています。魔術師Merlinを演じるThomas Borchertは、同じくWildhorn音楽の”Der Graf von Monte Christo”(モンテ・クリスト伯)世界初演版タイトルロールを始め、”Rebecca”、”Moses – die 10 Gebote”等、最近のSt. Gallenの公演では常連となっています。メインキャストの女性陣もWien版”Elisabeth”のタイトルロールAnnemieke van Dam(王妃Guinevere役)に、Thomas Borchertと共に”Next to Normal”に出演しているSabrina Weckerlin(Artusの異父姉、魔女Morgan役)と、こちらも来日経験者が揃っています。ドイツ語圏ミュージカル界で今活躍中の若手俳優をこれだけ揃えるとは、さすがTheater St. Gallen。2014年の気になる演目の一つです。

Artus

Artus: Patrick Stanke
Lancelot: Mark Seibert
Merlin: Thomas Borchert
Guinevere: Annemieke van Dam
Morgan: Sabrina Weckerlin

Tristan Adams、Colleen Besett Ens、Amélie Dobler、Robert Johansson、Marc Lamberty、Richard Leggett、Rupert Markthaler、Stéphanie Signer、Ariane Swoboda、Jeannine Michele Wacker、Gero Wendorff、Lucius Wolter

公演日程
2014年3月15日(土)19:30
2014年3月23日(日)14:30、19:30
2014年3月26日(水)19:30
2014年3月28日(金)19:30
2014年3月29日(土)19:30
2014年4月6日(日)14:30
2014年4月8日(火)19:30
2014年4月26日(土)19:30
2014年5月24日(土)19:30
2014年5月30日(金)19:30

Theater St. Gallen
Museumstrasse 24
9004 St. Gallen
Schwitzerland
Tel: +41 71 242 06 06
http://www.theatersg.ch


大きな地図で見る

Booking.com

2 Comments

  1. spaさん、お久しぶりです(といっても、ブログはいつも拝見していますが)。
    様々な情報や添付していただいたYoutubeの映像を見ては
    行きたいなぁと思うのですが、そう簡単には行けません。
    このSt. Gallenのメンバーは、CDで聴き慣れた方々が
    集結している感じで、ものすごく観たいのですが、この日程では…
    女性ではSabrina Weckerlinが好きで、彼女のPäpsitinをいつか観たい
    と思っているのですが、まだ実現できずにいます。
    主役のPatrick Stankeは、来日されたとき結構太めでしたが、
    今は?声は大好きです。
    St. Gallenの町は以前、観光で訪れたことがありますが、
    歴史もある落ち着い町で気に入っています。
    spaさん、いらっしゃるならぜひ詳しいレポートをお願いします。

    Mark SeibertのCD"Musicalballads ーUnplugged"を
    ドイツで買って聴いて、改めて彼の歌の上手さを感じています。
    Romeo & JuliaではRomeoよりTyboltの歌の方が難しいと
    思いますが、それを見事に歌いこなしていますよね。
    そのCDの中にAidaの曲がドイツ語で1曲入っていて、
    とても気に入ったので、ドイツ・アマゾンで探してみつけました!
    英語版のCDは持っていて曲は気に入っているのですが、
    きっとドイツ語の方がいいとCD到着を楽しみに待っています。
    ついでにというわけでもないのですが、Wickedのドイツ語版と
    RudolfのDVDも注文しました。
    11月初旬に到着する予定で待ち遠しいです。

    ということで、なかなか現地には行けませんが、
    CDやDVD、そしてspaさん情報でドイツ語ミュージカルに
    いつも囲まれているので、次に行くまで我慢できそうです。
    長々と書いてしまいましたが、これからも新しい情報を
    よろしくお願いします!

  2. Märzさん、コメントありがとうございます。行きたいけれどなかなか・・・という気持ちは私も同じです。"Artus"はまずは10公演ということですが、Wildhornの新作ですし、2014年秋冬シーズンの再演もあるのではと勝手に予想しています。Patrickは最近の写真では来日時よりぐっとスリムになっていますよ。私も彼の伸びやかな歌声はとても好きです。そしてお茶目な性格も(笑)。

    Sabrinaは恐らく2014年の"Die Päpstin"にも出演すると思いますが、さすがに再演もこれで打ち止めではないでしょうか。彼女の代表作なので、Märzさんも是非ご覧になって下さい!

    CDも色々と集めておられますね。MarkはWien Musical Concert IIでAnnemiekeとAidaをデュエットしていましたね。美男美女で歌も素敵で、大変ロマンティックな雰囲気に魅入られました。ドイツ語版の"Aida"は持っていますが、比較的最近入手したのであまり聞き込んでいないです。"Wicked"も持っていますが、原作の小説が苦手な話だったもので、お蔵入り気味です。"Rudolf"のDVDは動くDrewが満喫できる素晴らしい映像作品です! PALなので私の環境ではパソコンでしか見られないのがネックです。テレビで見られるなら、ずっと流しっぱなしにしてしまうかもしれません。ご覧になったら是非感想をお聞かせ下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




twelve − four =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください