Der Graf von Monte Christo

Frank Wildhornの新作ミュージカル”Der Graf von Monte Christo”(モンテ・クリスト伯)が、2009年3月14日にスイスのTheater St. Gallenで初日を迎えます。

出演はThomas Borchert(Edmond Dantès / Graf von Monte Christo)、Sophie Berner(Mercédès)、Carsten Lepper(Fernand Mondego)、Christoph Goetten(Gérard von Villefort)、Karim Khawatmi(Baron Danglars)、Dean Welterlen(Abbé Faria)、Kurt Schrepfer(Jacopo)、Daniel Berini(Albert Mondego)、Barbara Obermeier(Valentine von Villefort)、Ava Brennan(Luisa Vampa)、André Bauer(Morrel)他。

主人公Edmond DantèsのThomas Borchertは、ウィーン版ElisabethのLucheniや異色の黒髪Todを始め、Jekyll & Hyde、Tanz der Vampire、Das Phantom der Oper(オペラ座の怪人)等で主役を務め、今や押しも押されぬミュージカル界の大物俳優。ピアノの腕前も相当なもので、「海の上のピアニスト」舞台版にも出演しています。Wildhorn作品には、Draculaに続いての参加となります。

Edmondを陥れる三悪人も、Carsten Lepper(Essen及びStuttgart版ElisabethのLucheni、RebeccaのJack Favell)、Christoph Goetten(The Scarlet PimpernelのSir Percy)、Karim Khawatmi(Stuttgart版3 Musketiere 三銃士のAthos)と豪華な顔ぶれが揃っています。ウィーン・ミュージカル・コンサートで来日したAndré Bauerも、Morrel役で出ています。

公演日程は今のところ3月14、16、20、28、29日、4月14、25、26日、5月1、16、21、23、30日、6月1、13日が劇場サイトに掲載されています。秋以降の公演は、Carsten Lepperの公式サイトによると、10月3、10(未定)、11、18、26、27、29、31日、11月3、4、17、21日、12月3、23、27、31日、2010年1月16日が予定されているようです。更に2010年3月6日及び4月5日も、未定とはなっていますが公演の可能性があります。

なお2008年12月に先行発売されたスタジオ録音盤CDは英語歌詞で、Thomas以外の配役が全く異なります。CDキャストはPia Douwes(Valentine)、Brandi Burkhardt(Mercédès)、Patrick Stanke(Fernand Mondego)、Mark Seibert(Villefort)、Mathias Edenborn(Baron Danglars)、Jesper Tydén(Albert)、Alexander Goebel(Abbé Faria)となっています。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




8 + 17 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください