Brühl:Schloss Augustusburg Part 1

Brühl(ブリュール)はKöln(ケルン)とBonn(ボン)の間に位置する小さな街です。ドイツの友人達には、「Brühl? Phantasialandに行くの?」と口々に言われましたが、お目当ては世界遺産のSchlösser Augustusburg und Falkenlust(アウグストゥスブルク宮殿と別邸ファルケンルスト)。宮殿巡りが趣味という友人も知らなかったこの城を知ったきっかけは、TBSの「世界遺産」でした。少しですが、豪奢な宮殿内部の画像が紹介されています。

TrierからはMosel(モーゼル)川に沿って東に向かった後、Rhein(ライン)川沿いに北上し、Bonn(ボン)を経由するルートを取りました。

Bonnからは市電でBrühl Mitte駅へ(4.20 EUR)。街を挟んで反対側には、S-BahnのBrühl駅があります。Schloss AugustusburgにはS-Bahnの方が近いのですが、ホテルへは市電の方が近いのです。

ホームの向かいのこの建物の右側から、徒歩で市街地に向かいました。

バスも走っていましたが、とても小さな街で、中心地は歩行者天国になっています。

観光案内所の左の小路を真っ直ぐ行くと、Schloss Augustusburgです。

庭園に直接入れるゲートは、ここから徒歩数分のところにあります。庭園は入場無料です。

宮殿の外観は一部工事中でしたが、内部見学には支障はありませんでした。

植木に隠れていますが、右の棟手前の扉が入り口です。

入場料は5 EUR。内部見学は30分毎に出発するツアーへの参加が必須です。案内はドイツ語でしたが、希望者には英語の説明カードが渡されます。またドイツ語での説明の後、ガイドさんが個別に英語での補足説明もしてくれます。

次回は宮殿にまつわるエピソードと、庭園の写真をご紹介します。


大きな地図で見る

Booking.com

2 Comments

  1. こんにちは!
    私も昔行った覚えがあります。
    小さな宮殿にもかかわらず、内装が素晴らしく
    非常に感動しました。
    Falkenlustにも行きましたよ。
    ただ見学者が私のみで
    いささか気まずい&静かな環境で見学した記憶が・・・(汗)

  2. さすがLeoponさん、ドイツの名所はしっかり押さえてますね(^O^)。
    私も内装の見事さに、はるばる行った甲斐があったと思いました。

    Falkenlustは朝早かったからか、私も一人で見学しました。
    鍵を持ったスタッフが、後ろからつかず離れず付いてきました。
    あれは確かに気まずいですね(^_^;)。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




16 − 6 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください