Drew SarichとEthan FreemanがMagdeburgのEvitaで共演

Wien(ウィーン)の”Rudolf – Affaire Mayerling”でタイトルロールを演じていたDrew Sarichの次のミュージカル出演情報が入ってきました。ドイツ・Magdeburg(マグデブルク)の野外音楽祭DomplatzOpenAirの”Evita“に、Che役で登場します。Juan Perón役は”Marie Antoinette”のCagliostroや、Wien初演版”Elisabeth”のLuigi Lucheniでお馴染みのEthan Freeman。ドイツ語圏ミュージカル界で活躍する大物アメリカ人俳優同士の豪華共演です。Evita役のSimone Geyerは、Tecklenburgの”Jekyll & Hyde”でLucy、”MOZART!”でConstanze Weber、”Elisabeth”のBerlin公演でHelene von WittelsbachとElisabethのセカンドを演じています。

上演期間は、2010年6月4日から26日までの月曜を除く毎日(21時開演)。座席表及び価格表はこちら。チケット代は45、40、30 EUR(初日のみ5 EUR追加)。劇場サイトに、主要キャスト3名と舞台が設営されるDomplatz広場のスライドショーが載っています。左上の画像の下にある”Fotoshow”をクリックしてご覧下さい。

Booking.com

2 Comments

  1. 素敵な情報をありがとうございます。6月か~ 夏休みに行くにはちょーっと微妙なのですけど & 野外劇場というのが保険かけて日数取らないといけなさそうですけど、妄想旅行をまたしてみたくなりました。
    Drew の歌、Rudolf とは全然違う歯切れのいい曲で聞いてみたいです。Ethanも Che だってよさそうですが(笑)
    ちなみに、3/3 のコンサートも、まず全く無理ですが、行きたい行きたい~~~ と叫んでしまいました。

  2. 私も行きたいのはやまやまですが、7月にドイツに行くので、残念ながら二人の豪華共演は観られそうにないです。

    EthanはSchwäbisch HallとBremenでChéをやったことあるそうですよ。彼に合いそうなミュージカルの主要な役は、大抵こなしてると思います。

    3/3 のコンサート、どこでもドアがあれば勿論行くんですがね~(笑)。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




eleven + 16 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください