Tanz der Vampireウィーン新キャスト版2枚組CD発売予定

Der Kultur-Channelによると、2010年春に”Tanz der Vampire”のウィーン新キャスト版2枚組CDが、MG-SOUND Studios & HitSquad Recordsから発売される予定だそうです。

この会社は、”Elisabeth”や”Rudolf”のDVDや、”Der Graf von Monte Christo”や”Dracula”といった最近のFrank Wildhorn作品CDを制作しています。サイトに掲載されている”Der Graf von Monte Christo”プレキャスト盤の録音風景の動画で、熱唱するThomas Borchertの姿が見られます。

Thomas BorchertやMarjan Shaki、Lukas Permanファンの方々は、新キャスト盤が今から楽しみだと思いますが、もしまだウィーン初演版のCDを聴いたことがなければ、是非一度聴いてみて下さい。Der Graf von KrolockのオリジナルキャストのSteve Bartonは、”The Phantom of the Opera”のLondon(ロンドン)及びNY版で、オリジナルキャストとしてRaoulを演じ、「彼を超えるKrolockはいない」と多くのミュージカルファンの間で語り継がれる名優でしたが、残念ながら2001年に心臓発作のため、47歳という若さでこの世を去りました。彼の在りし日のリハーサル風景が、YouTubeにアップされているので、是非ご覧下さい(埋め込み禁止になっているので、リンクだけ張っておきます)。カジュアルな服装で歌っているにもかかわらず、Krolockという役が持つ独特の悲哀や深い感情が、ひしひしと迫ってくる映像です。

Fünfminütiger Trailer von TANZ DER VAMPIRE im Ronacher

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




1 × two =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください