Jesus Christ Superstar 2011 CD発売

Musicalclubのニュースレターによると、2011年4月21日から24日まで、復活祭の特別公演としてWien(ウィーン)のRonacher劇場で上演されたコンサート版”Jesus Christ Superstar”が、2011年8月にHitSquad RecordsからCD発売されることになりました。Jesus役は”Tanz der Vampire”でGraf von Krolockを演じていたDrew Sarich。Maria Magdalenaは、”MOZART!”でNannerlのオリジナルキャストを務めたCaroline Vasicekです。出演者は以下の通りです。

Jesus: Drew Sarich
Maria Magdalena: Caroline Vasicek
Judas: Mischa Mang
Herodes: James Sbano
Simon/Annas: Rob Fowler
Pilatus: Alexander di Capri
Petrus: Norbert Kohler
Kaiphas: Dennis Kozeluh
Soulgirl: Cornelia Braun, Melanie Ortner, Marle Martens

Ensemble: Angelina Markiefka, Jennifer Pöll, Barbara Schmid, Dóra Stróbel, Robert D. Marx, Gernot Romic, Sebastian Smulders, Florian Theiler

指揮はKoen Schoots、演奏はOrchester der Vereinigten Bühnen Wienです。

Drewは2005年の復活祭公演でもRonacherでJesusを演じており、公演のライブ録音CDも出ています。他のキャストには入れ替わりがあったとはいえ、同じ演目のCDがこうして出されるとはちょっとびっくりです。出来れば”Tanz der Vampire”のDrew伯爵バージョンも併せて出していただきたかったです。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




seventeen + nine =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください