Tanz der Vampire Berlinにて開幕

2011年11月14日、”Tanz der Vampire”がドイツ・Berlin(ベルリン)の地に帰ってきました。rbb-online.deにTheater des Westensでの初日直前レポートの動画が掲載されています。

ニンニクを首からぶら下げた女性レポーターが、歌手で”Tanz der Vampire”のファンだという男性にインタビュー。この男性、”Tanz der Vampire”のNY公演も観たそうですが、ドイツで2回観た公演の方がよかったと答えています(ちなみにNY版はオリジナルとは大幅に変更された内容で、大失敗に終わりました・・・)。プレビューからのものと思われる舞台映像に続いて、Sarah役のAmélie Doblerが登場し、吸血鬼というテーマはとても現代的で、女性にとっては誘惑的で男性的で、大変魅力的だと語っています。再び舞台映像と物語の紹介が流れた後、初日ゲストのKevin Tarteがインタビューを受けます。11年もの間、ドイツ各地で伯爵役を演じてきたKevinにKrolockの魅力を尋ねると、歌唱やMichael Kunzeの手による歌詞が隠喩的で力強いこと等、他の役にはない様々な要素が詰まっていると答えています。客席で観ていると一緒に台詞を喋ったり歌いたくなりませんかというインタビュアーの質問に対しては、「今日は一観客として楽しむよう努力します。Drewの伯爵をまだ見たことがないので楽しみです」と答えるKevin。更に230着もの衣装が準備されている舞台裏や、発声練習や打ち合わせの様子が流れます。舞台稽古に向かう役者達を追いかけるカメラの前で、「ここから先はテレビカメラお断り」と茶目っ気たっぷりに伯爵役のDrew Sarichが舞台に通じる扉を閉めようとする様子がちょっと笑えます。

こちらは初日のカーテンコール動画。Theater des Westensは客席と舞台の間にオーケストラボックスがないので、客席と舞台が大変近いです。

Sarah役のAmélie Doblerのインタビュー動画には、Drew Sarich及びMichael Hellerとのデュエットも含まれています。

スイス出身のAmélie Doblerはオーストリアで勉強したときに”Tanz der Vampire”を見て、Sarah役に心惹かれたそうです。自由への憧れを持っているSarahは、小国スイスから出て何か別のことをしたいと願っていた自分に似ているというAmélie。ドイツ語圏のBern(ベルン)出身ではあるものの、フランス語圏のLausanne(ローザンヌ)で育ったので、ドイツ語はインタビューで話すよりも歌や決まったテキストを話す舞台上の方が楽だそうですが、大変流暢なドイツ語を話しています。

2012年1月末までGraf von Krolockを演じるのは、先日までWien(ウィーン)のプロダクションで同役を演じていたDrew Sarich。続いて2月から5月まではStuttgart(シュトゥットガルト)の伯爵Kevin Tarte。そして最後の3人目となるのはThomas Borchert。現在St. Gallenの”Rebecca”にMaxim de Winter役で出演中、2011年12月8日からはStuttgart版”Rebecca”にも出演が決まっているThomasですが、2012年6月はBerlinで当たり役のGraf von Krolockとして再登場します。

ドイツでの”Tanz der Vampire”上演は、今回でひとまず終了となることがアナウンスされています。Wienでの上演も終了したばかりなので、この先数年はドイツ語圏でこの作品を観るチャンスはないかもしれません。ドイツ語で”Tanz der Vampire”を見たいと思っている方はお急ぎ下さい!

Booking.com

2 Comments

  1. spaさん
    ご無沙汰しております。ご存知とは思いますが、日本でもいよいよ11/27からTDV開幕しました♪
    私は29日、山崎育三郎さんと知念里奈さんコンビを拝見しました。
    山崎さんにとっては初アルフレート役ですが、ロミオ役とはガラッと変わってとてもチャーミングでコミカルな演技。禅さんとの息もぴったりでした!
    回を重ねるごとにアドリブが増えそうなので毎回楽しみです。

    そして、こちらもご存知と思いますが、ミス・サイゴン発表になりましたね!
    今回はキャストが厳選されているので、組み合わせであまり迷うことがないのがうれしいです。
    そうなると行く回数が増えるので今から節約してサイゴン貯金をしなくては。。。
    私にとっては新妻聖子さんがキムを再演することがとてもうれしいです。
    出演するとしても年齢的に次はエレンかな・・・と思っていたので。エレンの歌も素晴らしいですけどね!
    そして、確信してはいましたが山崎クリス!!ファンイベントでWhy God?を歌ったことがあったのですが、すでにクリスになってました(笑)
    泉水トゥイが再演なのもうれしい驚きです。彼も年齢的にそろそろ・・・と思っていたので。彼の細かいところにまで気を配る演技は絶品です!
    新演出でヘリコプターが無くなる等かなりコンパクトな舞台装置になるそうなので、今までのクオリティがキープされるのか不安もありますが、キャストの顔ぶれを見ると全然問題ないと思います!

    あまりのうれしさに勢い込んで色々と書いてしまいました(笑)
    spaさんはその頃日本にいらっしゃるのでしょうか?今回こそ観られるといいですね。
    では、また色々な情報楽しみにしています。

  2. Goyachipsさん、こんにちは。

    TDV、早速楽しんで来られたのですね。私も山崎アルフレートに会いに行く予定です。今までのアルフレートと違った役作りをされているとの話なので、楽しみにしています。

    ミス・サイゴンも今回を逃すと見られないかも・・・と思うと、やっぱり見るべきかと悩んでおります。それに作品は続いても、出演者は変わっていきますしね。新妻さんも泉見さんも好きなので、見ないと後悔しそう。最近行きたい演目が多くて大変です!

Leave a Reply

Your email address will not be published.




four × 2 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください