Jesus Christ SuperstarがBadenで上演(2013年8~9月)

オーストリア・Baden(バーデン)のStadttheater(市立劇場)で、2013年8~9月に”Jesus Christ Superstar“が上演されます。

Jesus Christ Superstar

キャスト
Katharina Dorian, Kerstin Grotrian, Elisabeth Reichart, Karin Seyfried, Beppo Binder, Stefan Bleiberschnig, Nicolas Boris Christahl, Alexander Donesch, Michael Hartinger, Thomas Markus, Darius Merstein-MacLeod, Chris Murray, Markus Neugebauer, Artur Ortens, David Alejandro Rodriguez, Horst Schirmbrand, David Schuler, Nikolaus Stich, Stephan Wapenhans, Rafael Albert Weissengruber, Erwin Windegger

公演日程
2013年8月10日(土)19:30
2013年8月11日(日)19:30
2013年8月16日(金)19:30
2013年8月21日(水)19:30
2013年8月27日(火)19:30
2013年8月28日(水)19:30
2013年9月3日(火)19:30
2013年9月4日(水)19:30

注目はJesus役のDarius Merstein-MacLeodとJudas役のChris Murray。Dariusはドイツ・Bremen(ブレーメン)で”Jekyll & Hyde”がEthan Freeman主演で世界初演された際に、Jekyll/Hyde役の準ファーストキャスト的扱いのAlternierendとして出演し、その後ファーストキャストにもなりました。Wien(ウィーン)、Köln(ケルン)の同作品にも出演しています(前者のファーストキャストはThomas Borchert、後者はYngve Gasoy-Romdalでした)。私がBremenで観劇した第499回公演(面白い数字だったので覚えています)でもDariusがJekyll/Hyde役を演じていました。最初はEthanでないことにがっかりしましたが、すぐに素晴らしい歌声に魅了されました。専用劇場まで建設して始まったBremen版”Jekyll & Hyde”は当初は大盛況だったものの、私が訪れた頃はブームが過ぎ去った後で、観客席よりも舞台上の出演者の方が多い有様でした。公演自体はとても素晴らしかったのですが、地方都市でのミュージカル劇場維持の困難さを感じました。

Chris MurrayはBerlin(ベルリン)のTheater des Westensに見に行った”Les Misérables”に、Jean Valjean役で出ていました。お目当てはUwe KrögerのJavertでしたが、眼光鋭い迫力あるValjeanでした。素顔は思ったより若くてびっくり。最前列の端の方に座っていたところ、隣の席の少年がChrisの出番の度に割れんばかりの拍手を送っていました。どうもChrisの関係者だったらしく、楽屋口でChrisのサイトのURLを書いた紙片を配っていました。

DariusとChrisは”The Scarlet Pimpernel”のドイツ語圏初演となったドイツ・Halle(ハレ)と、今回の”Jesus Christ Superstar”を上演するBadenで、Sir Percy Blakeney(Darius)とChauvelin(Chris)として共演しています。Badenでは”Les Misérables”でも共演済み。実力派二人の再共演となる”Jesus Christ Superstar”、夏にWienへの旅行を考えている方は、日帰りでBadenに足を運んでみてはどうでしょう。

劇場前のレストランのシュニッツェルが超お薦めです!

Stadttheater Baden
Theaterplatz 7
A-2500 Baden
AUSTRIA
Tel: +43 2252 253253-0
Fax: +43 2252 253253-222
Email: office@buehnebaden.at
URL: http://www.buehnebaden.at


大きな地図で見る

Booking.com

6 Comments

  1. spaさん
    こんばんは。時々訪問させていただいているkonです。
    いつも詳細な上演情報楽しく読ませていただいています。

    2月に2012アリーナツアー版のJesus Christ superstarを
    映画館で観て以来、ずーっとJCSにハマっています!
    古い作品なのであらゆる歌い手のCDがありますが
    聴き比べて一番気に入ったDrew SarichのJesusと
    Sserkan Kayaのjudasの2005年Wien版を買いました。
    とても素晴らしくて毎日のように聴いています。
    セリフ部分だけドイツ語なのも印象的でした(笑)
    Drew Sarichのjudasは一度生で拝見したいものです。
    Drew Sarichはロック調の歌声がとても魅力的ですね。

    是非情報を上げていただいたJCSも観に行ければと思いますが
    夏は都合がつかなさそうなので秋以降にElisabethを
    Wienで観る、を目標に頑張ろうと思います。
    何だか取り留めのない文章で申し訳ありません。
    では失礼いたします。

  2. konさん、お久しぶりです。JCSにはまっていらっしゃるとは、良いタイミングでご紹介出来て嬉しいです! 私もDrew Sarich出演のCD持っています。Drewは何をやっても本当に素晴らしく、まさに天才! ロックもバラードもいける幅の広さやパワーだけでなく、色気とどことなく漂う哀愁が彼の魅力だと思ってます。是非彼にもいつか来日して貰いたいです!

    JCSで私のお薦めは、Yngve Gasoy-RomdalとAnna Montanaroが出演したBad Hersfeld公演のライブ録音盤です。ジャケット写真にもなっている、青と緑の光が渦巻く中に向かってJesusが姿を消すラストは、今まで見た数々の舞台の中でも最も心に残る場面です。Yngveの驚異的なハイトーンは必聴です!

    BadenのJCS、秋以降の劇場の公演スケジュールはまだサイトに出ていないので、また上演される可能性がないとは言えないと思います。本格的に旅行計画を立てられる際は、劇場サイトをチェックしてみて下さいね。"Elisabeth"の観劇レポートもお待ちしております。

  3. JCS、そのCDを持っています。
    いいなと思っていたら、spaさんのオススメだったのですね。
    ジャケットの写真はただのイラストだと思っていたのですが、
    野外劇場で観ると本当にこんな感じだったのですか!
    一度観てみたいものです。
    ところで、このCDは英語なのですが、JCSドイツ語版もあるのですか?

    話は変わりますが、昨日、注文していたCDが届きました。
    以前おっしゃっていたPotsdamのFriedlichと
    Stuttgart版のRebecca、前のと聞き比べようと思っています。
    そしてSalzburg版のSound of Musicです。
    ただ、Friedlichは筋も知らないのに、
    ジャケットには歌詞はおろか、あらすじも載っていません。
    いきなり聞いて理解せよということでしょうか…
    ドイツ語の勉強にはなるでしょうが、なかなか厳しそうです。
    この週末は新しいCDをじっくり聴くことになりそうです。

    • usagiさん、お久しぶりです。PCが大不調のため、お返事出来ていなくてすみませんでした。ご覧になったYngveのGethsemaneは、Dinslakenの野外コンサートの映像ですね。絶妙なタイミングでの天候の変化が当時大変話題になりました。MayaさんとYngveは以前JCSのコンサート版で共演してるので、今度のコンサートでもサプライズで披露してくれたら嬉しいですね!

  4. Märzさん、時間がなかったのと、PCの調子が悪くなったのが重なり、お返事に時間がかかってすみませんでした。

    Bad HersfeldのJCSのCDジャケット写真の場面、ゆっくり渦巻くスモークに青と緑のレーザー光線が当てられて、二つの色がまるで水に絵の具を流し込んだかのように溶け合っていく様が本当に幻想的でした。大昔動画サイトに載っていたことがありましたが、違反投稿だったのか、いつの間にか削除されてしまいました。

    JCSドイツ語版、ちゃんと調べたことはないのですが、聞いたことはないです。ドイツ語圏でも普通は英語上演ですよね。皆がよく知ってる話なので、訳すまでもないのかも。

    購入されたCD、如何でした? FriedrichはDVDを買いましたが、まだ見ていません。Stuttgart版Rebeccaはオケの音が薄いのが残念です。Stage Entertainmentはオケの人数を減らす方針だそうです。高いチケット代に見合わない質の低下は、観客離れを招いてしまうと思うのですが。Salzburg版Sound of Music、GWにLHの機内プログラムに入っていました。Elisabethのドイツツアー版も入っていて、ミュージカルファンにはなかなか素敵なセレクションです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




one × two =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください