Tanz der Vampire大千秋楽(2013年8月25日)

長年にわたりドイツ語圏で上演されてきた”Tanz der Vampire”が、2013年8月25日のBerlin(ベルリン)・Theater des Westensでの公演をもってその歴史に一旦幕を下ろしました。FacebookのTanz der Vampire – Deutschland及びTHEATER DES WESTENS – official上に千秋楽関連の動画や写真等が豊富にアップロードされています。

カーテンコールの動画では、キャストが登場する度に客席から次々と赤いバラが舞台に投げ入れられ、床が花びらの赤と葉の緑で埋め尽くされていく様が圧巻です。Alfred役のMichael Hellerが最初のカーテンコールで尻餅をつくハプニングあり(笑)。何度目かのカーテンコールでも、危うく滑りそうになっていたMichael君でした。劇場側からもオーケストラメンバー、アンサンブル、メインキャスト、スタッフにそれぞれ花束が次々と手渡されていきます。Kunze御大も駆けつけていました。カーテンコールの間中、声を上げ続ける客席には、赤いペンライトを持ったファンが大勢います。

終演後、楽屋口には物凄い数のファンが集まりました。替え歌で出演者を讃えるファン達。彼らと出演者の間には赤と白のテープが張られる異例の措置が執られましたが、出演者達はロープ越しにサインに応じていました。

大千秋楽のキャストは次の通りでした。

Graf von Krolock: Ivan Ozhogin
Sarah: Mercedesz Csampai
Alfred: Michael Heller
Professor Abronsius: Veit Schäfermeier
Chagal: Jerzy Jeszke
Magda: Goele de Raedt
Herbert: Marc Liebisch
Koukol: Stefan Büdenbender
Rebecca: Anja Wessel
Tanzsolisten: Paula Ferreira, Csaba Nagy, Tibor Nagy
Gesangssolisten: Christopher Busse, Florian Soyka
Tanzensemble: Yves Adang, Kym Boyson, Joseph Dockree, Sandra Milly, Vicky Riddoch, Judit Szoboszlay, Matteo Vigna
Gesangensemble: Dorothea Baumann, Conny Braun, Udo Eickelmann, Franz Frickel, Tibor Heger, Judith Jandl, Angelina Markiefka, Linda Veehuizen

指揮:Bernd Steixner

Facebookには吸血鬼達との別れを惜しむ多くのメッセージが投稿されている一方、次は初演から20周年に当たる2017年にWien(ウィーン)でという声も上がっています。いずれにせよ、”Tanz der Vampire”がこのまま永遠に幕を下ろすはずはありません。次のドイツ語圏での上演まで、Krolock一族は城の地下深くで英気を養っていることでしょう!

Booking.com

1 Comment

  1. 動画の紹介、ありがとうございます。来日公演してくれたらいいのに・・・。

Leave a Reply

Your email address will not be published.




twenty + 5 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください