Trier:Karl-Marx-Haus

『資本論』(Das Kapital)や『共産党宣言』(Das Manifest der Kommunistischen ParteiまたはDas Kommunistische Manifest)で有名な哲学者・政治ジャーナリストのKarl Heinrich Marx(カール・ハインリヒ・マルクス、1818~1883)の生家は、Trierの旧市街にあり、Karl-Marx-Hausの名で一般公開されています(入場料3 EUR、TrierCard提示で2 EUR)。もっともMarxは、生後1年でPorta Nigraの斜め前にある別の建物に引っ越しています。

所有者が何度も代わり、改築を重ねたこの家は、長い間Marxの生家であることを知られないままひっそりと立っていましたが、1904年にその存在が再発見されました。1928年にはドイツ社会民主党(SPD、Sozialdemokratische Partei Deutschlands)に買い取られ、Marxと労働者運動の記念館とされる予定でしたが、1933年5月に国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei)、いわゆるナチスに接収され、ナチス支配の終焉まで、Trierer Nationalblattes紙の編集局及びナチス地方幹部の住居として使用されました。

戦後SPDの元に戻ったこの家は、1947年Marx記念館としてオープンしました。1968年からはフリードリヒ・エーベルト財団(Friedrich-Ebert-Stiftung)の管理下に置かれています。

中庭はカフェになっています。更に扉の向こう、建物の反対側に進みます。

そこに現れるのは、こじんまりしたフランス式庭園。

庭に向かって手前左隅には、しかめっ面のMarxおじさんの像。

生け垣の側には、等身大のMarxおじさんが立っています。

横から見ると何が何だか分かりません(^_^;)。

これらの像は、2008年5月5日にMarx生誕190年を記念して設置されました。製作者である彫刻家・写真家のKlaus Kammerichsの祖母は、Marx一族の血を引いているそうです。

Marxが17歳まで過ごしたKarl-Marx-Wohnhausは、現在では眼鏡・コンタクトレンズ店になっています。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




seventeen − fifteen =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください