True Love – Die schönsten Liebeslieder des Musicals

Maya HakvoortとFelix Martinといえば、Wien(ウィーン)で長らくElisabethとTodとしてコンビを組んできた二大スター。この二人によるコンサートが、2010年2月20日にドイツ・Oberhausen(オーバーハウゼン)のEbertbadで行われました。”True Love – Die schönsten Liebeslieder des Musicals”(真実の愛 ミュージカルの最も美しいラブソング)と題したこの豪華ライブのレポートと写真が、Musicals Unlimitedに掲載されています。

“Elisabeth”、”Gaudi”、”Jekyll & Hyde”、”Les Miserables”、”Aida”、”West Side Story”、”Das Phantom der Oper”、”Tanz der Vampire”等からの珠玉の歌に加え、映画”High Society”からは、コンサートのタイトルにもなっているCole Porterの”True Love”が歌われました。

アンコールでは”Gaudi”から”Inside Looking Out”、また2010年3月9日にLondon(ロンドン)のAdelphi Theatreで世界初演を迎える”Love Never Dies”(オペラ座の怪人の続編)から”Till I Hear You Sing Once More”等、4曲が披露されたそうです。

2009年8月に第2子を出産したMayaさん、相変わらず美しいお姿です。そしてFelixの役柄の幅の広さには驚くばかり。TodやJavert、Marius、Jekyllから”Der kleine Horrorladen”(リトルショップ・オブ・ホラーズ)のSeymourまでを一晩で演じ分けたFelixは、かつてSnoopyまでやったことがあるお方です。

FelixのKrolockとMayaさんのSarah等、コンサートでしか見られない組み合わせにも勿論興味大ですが、このコンビの”Elisabeth”、もう一度見てみたいと懐かしさを覚えました。二人でコンサートをすることは、長年の夢だったそうですが、是非ウィーンで同じプログラムをやって欲しいものです。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




four + 6 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください