St. Gallen版Rebeccaの新曲

スイス・St. Gallen(ザンクト・ガレン)版の”Rebecca”に、新たに2曲が加わります。musicalzentrale.de及びthatsMusical.deによると、一つはMaxim de Winterが歌う東宝版の新曲「幸せの風景」(”Zauberhaft natürlich”)、もう一つはアンサンブルの曲で、新しいMrs. De WinterがManderlayで偏見と格闘する様子を歌っています。

2012年9月28日に行われた記者会見で、Maxim de Winter役のThomas Borchertが披露した”Zauberhaft natürlich”の映像がアップされています。記者会見にはLevay御大も同席していました。

Thomas Borchertのコメントによると、2012年12月8日から始まるドイツ・Stuttgart(シュトゥットガルト)版にもこの2曲は追加されるそうです。Thomas BorchertはStuttgartでもMaxim de Winterを演じます。

“Rebecca”のSt. Gallen公演は2011年10月22日から始まります。監督はWien(ウィーン)版と同じFrancesca Zambello、キャストは次の通りです。

«Ich»: Lisa Antoni
Maxim de Winter: Thomas Borchert, Florian Fetterle
Mrs. Danvers: Maya Hakvoort, Kerstin Ibald
Jack Favell: Andreas Wolfram
Mrs. Van Hopper: Isabel Dörfler
Beatrice: Kerstin Ibald, Sonja Schatz
Frank Crawley: André Bauer, Fernand Delosch
Ben: Oliver Heim
Oberst Julyan: Christian Hettkamp, David Steck
Ensemble: Heidy Suter, Ariane Swoboda, Florian Fetterle, Ivo Giacomozzi, Andreas Kammerzelt, Alexandra Farkic, Sonja Schatz, Tim Reichwein

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




20 + twelve =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください