Musical meets Pop 2012

キリスト教の移動祝祭日といえば復活祭が有名ですが、その50日後の日曜日に当たる聖霊降臨祭(ドイツ語ではPfingsten)も重要な祝日で、翌月曜日はドイツ・オーストリア等ではPfingstmontagと呼ばれる祝日になっています。2012年5月28日、ドイツ・Tecklenburg(テクレンブルク)の野外劇場Freilichtspiele Tecklenburgで、毎年このPfingstmontagに催される恒例のガラコンサートPfingstgalaが行われました。2012年のコンサートは”Musical meets Pop 2012″と題し、ドイツ語圏ミュージカル界のトップスター達が、2300人の観衆を前にミュージカル、ポップス、ロックの曲を3時間にわたって熱唱しました。

ソリストは2012年夏にこの舞台で上演される”Marie Antoinette”に出演するメンバーを中心とした8名。Sabrina Weckerlin(Marie Antoinette)、Pia Douwes(Rebecca)、Anna Thorén(Tanz der Vampire)、Wietske van Tongeren(The Sound of Music)、Mark Seibert(Elisabeth)、Yngve Gasoy-Romdal(3 Musketiere)、Patrick Stanke(Marie Antoinette)及びSascha Krebs(Tanz der Vampire)という豪華な顔ぶれです。

地元紙のOsnabrücker ZeitungWestfälische Nachrichtenの記事を元に、ガラの内容をご紹介します。

第1部はミュージカル編、オープニングナンバーは出演者全員による”Time of my Life”。Anna Thorénが”Please don’t let me go”を歌うと、司会者のRadulf Beulekeがすかさず”Wir lassen sie nicht gehen”(行かせやしないよ)とユーモアたっぷりに切り返したそう(笑)。Wien(ウィーン)の”Tanz der Vampire”でMagda役だったAnna Thorénは、”Marie Antoinette”でタイトルロールを演じます。今回のガラで一足先に王妃の歌”Das Einzige, was richtig ist”(愛したことだけが)を歌いました。同じくMargrid Arnaud役で出演するSabrina Weckerlinは、同作から”Ich weine nicht mehr”(心の声)、Fulda(フルダ)で出演した”Bonifatius”から”Ich geb dir Herzklopfzeichen”を歌ったそうです。

ブルーのドレス姿が美しいWietske van Tongeren(MAにAgnés Duchamps役で出演)は”Is Someone Out There”、Yngve Gasoy-Romdal(MAにCagliostro役で出演)は”Chess”より名曲”Anthem”を聞かせました。Mark SeibertとSascha Krebsは数少ないロックナンバーの”I want to break free”(We Will Rock You)や”The Eye of the Tiger”(Rocky)で会場を沸かせました。

Pia Douwesは2012年のTecklenburgでの出演はこのガラのみ。Stuttgart(シュトゥットガルト)で出演中の”Rebecca”から、Wien初演版の”Ich”を演じたWietske van Tongeren、自身も出演した”Best of Musical 2012″の”Rebecca”シークエンスで”Ich”として登場したSabrina Weckerlinとそれぞれデュエットを披露。まさに夢のコラボです。Pia DouwesとSabrina Weckerlinは、”Bonnie & Clyde”から”You love who you love”も歌っています。

2012年に二度目の来日を果たし、TecklenburgでもGraf Axel von Fersenで登場するPatrick Stankeは、何と超満員の観客でひしめき合う階段状の客席ベンチを上りつつ、赤いコート姿で”Ich bin Musik”(MOZART!)を熱唱。Patrickは2008年にTecklenburgで”MOZART!”のタイトルロールを演じています。ちなみにWien初演版のWolfgangは、Yngve Gasoy-Romdalでした。

第1部のラストは”Hairspray”より”You can’t stop the beat”を全員で。同作も今夏この劇場で上演されます。

第2部のポップス編では出演者は一転カジュアルな服装とサングラス姿で登場し、En Vogueの”Free your mind”でスタート。Wietske van TongerenはBon Joviの”Always”、Pia DouwesはCeline Dionの”Taking Chances”、Anna ThorénはSnow Patrolの”Chasing Cars”を歌い、Mark Seibertはギターを片手にAvril Lavineの”Happy Ending”を熱唱。Mark SeibertとWietske van Tongerenは、Bryan AdamsとMel Cの”When you’re gone”をデュエットしました。Sabrina WeckerlinがSascha Krebsのアコーディオン伴奏で”Yesterday”を新解釈で聴かせ、Yngve Gasoy-RomdalがFrank Sinatraの”That’s Life”を歌うなど、懐かしのナンバーも選曲されています。

舞台上から観客席に向かって水鉄砲を放つという、Wolfgangもびっくりなパフォーマンスまで飛び出す傍若無人なPatrick(笑)。Kings of Leonの”Use somebody”を歌ったそうです。

2012年夏のTecklenburgは”Marie Antoinette”と”Hairspray”だけではありません。子供向けミュージカル”In 80 Tagen um die Welt”(80日間世界一周)の主演女優Alina Arenzも、同作からソロナンバーを披露しました。

各メディアの充実したフォトアルバムが、野外コンサートの自由で開放的な雰囲気を伝えています。

Freilichtspiele Tecklenburg 劇場公式サイトの写真集、2部構成です。
Fotogalerie Pfingstgala 2012
http://www.buehne-tecklenburg.de/sonderveranstaltungen/musical-meets-pop-2012/pfingstgala-2012-fotogalerie.html

Fotogalerie Pfingstgala 2012 – Teil 2
http://www.buehne-tecklenburg.de/sonderveranstaltungen/musical-meets-pop-2012/pfingstgala-2012-fotogalerie-teil-2.html

Osnabrücker Zeitung こちらは8枚のミニアルバム。
http://www.noz.de/bildergalerien/64340713/pfingstgala-in-tecklenburg

thatsMusical さすがミュージカル専門サイト、100枚以上の迫力ある写真は必見!
https://picasaweb.google.com/111436273279527833852/MusicalMeetsPop2012#

Münsterländische Volkszeitung 時々広告が挟まりますが、こちらも約50枚の大サービス。
http://foto.mv-online.de/fotostrecke/suche/ort/1/Lengerich/Pfingstgala_auf_der_Freilichtbuehne_1.html

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




14 − 3 =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください