NY版Rebecca、再び延期へ

2012年10月からプレビューが始まる予定だったNY版”Rebecca”。その開幕が暗礁に乗り上げました。playbill.comに掲載されたプロデューサーのBen Sprecher及びLouise Forlenza両氏のコメントによると、450万ドルの出資を予定していたメインの投資家が8月始めに突然死去し、遺産相続人との間で出資の継続を話し合っているものの、今のところ折り合いがついていないため、リハーサルを2週間延期することになったそうです。

出来るだけ早く問題を解決し、再び軌道に乗せたいと語るプロデューサーですが、予断を許さない状況のようです。当初2011~2012年シーズンにSierra BoggessとTam Mutuを主演カップルに迎えて上演する予定だった”Rebecca”ですが、資金難のために開幕が2012年4月22日に延期され、スケジュールの都合で主役二人は降板。その後Jill PaiceとRyan Silvermanを”I”(わたし)とMaxim de Winterにキャスティングして仕切り直し、2012年9月10日リハーサル開始、10月30日プレビュー開始、そして11月18日にBroadhurst Theatreで初日幕開けとアナウンスされました。今回の更なる延期により、リハーサルは2週間遅れの9月24日開始、プレビュー及び初日の日取りは追って発表されるとのことです。

“Rebecca”のメインキャストはMrs. Danvers役にKaren Mason(Sunset Boulevard、Mamma Mia!)、Frank Crawley役にHoward McGillin(The Phantom of the Opera)、Jack Favell役にJames Barbour(Beauty and the Beast、A Tale of Two Cities)、Beatrice de Winter役にDonna English(Lend Me a Tenor)、Giles役にNick Wyman(Les Misérables)、そしてBen役にHenry Stram(Titanic)の名前が発表されています。

“Rebecca”観劇目的のNY旅行を考えている方には、変更可能な日程で計画を立てられることをお勧めします。

Booking.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




18 + sixteen =

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください